お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

農家の販路拡大プロセス その1

UPDATE : 2021.03.09

CATEGORY : Tsukiyama Jun

こんにちは!デザイナーのツキヤマです!

だんだんと雪解けがすすみ、私が住む白馬村でも畦が出てまいりました。
もうすぐ春ですね!

さてさて、この時期も、農家さんからのデザインのご依頼がたくさん届いております。

特に多いのが、

販路を広げるためにオンラインショップを作りたい。

そのお気持ち、すごくわかります。
より多くの人に選んで欲しいし、自分たちで値段もつけたい。
そして何より自分たちの作物を直接お客様に届けたい。

ツキヤマも前職の農業法人で、販路拡大の命を仰せつかっておりました。
東京や大阪、名古屋で開催される商談会に毎年のように出席して、
そこで何十枚と交換した業者さんに連絡して個別の商談のアポを取り、
収穫時期を待ってサンプル品を送って、
よい返答をいただけるのはわずか一握り。
鳴かず飛ばずの営業活動で、
こんなことしてる暇があったら今日トラクターで1町歩(1ha)耕起できたじゃないか!
とモヤモヤする日々でした。。。

そしてYahoo!ショッピングに出店してみても、
注文が入るのは1週間に2、3件。

今となれば何が原因だったのかはっきりとわかりますが、
ただでさえ忙しい農作業の合間に、
本腰入れて販路拡大を企てるのは大変なことです。


そんな失敗(?)を経たツキヤマが今ならわかる、
農産物の販路拡大で大切なステップがあります。
それは、自分たちの強みはなにか?を問い詰めること。

自分で育てた作物ですから、世界で一番信用できます。愛着もあります。
そしてそれがプライドだったりするのですが、それは自分の中でだけの話。
お客さんの心の購入ランプは点灯しません。
もしかすると、いくら問い詰め続けても自分たちの強みが思い浮かばないかもしれません。
けれど、それがとても有意義なステップになります。
自分たちの強みが思い浮かばない=自分たちの強みに気づけるチャンス なのですから。

強い言い方にはなりますが、
プライドという足かせをつけたままでは、いつまで経っても現状から抜け出せません。


もし、昔のツキヤマに手紙を出せるならばこう書くでしょう。

「会社や作物の強みは何だと思う?」
から始まり、

「もし思い浮かばなければ競合と差別化できる自分たちの強みを見い出そう!その方法は〜」
と続き、

「強みがわかれば販路はこのように拡大すべし!」
と少し図々しく(笑)指南することでしょう。


オンラインショップ開設は、販路開拓のひとつのステップに過ぎません。
実はもっと前段階から踏むべきステップがあると、ツキヤマは常日頃考えております。
しかもそれは販路拡大にとらわれない、農家さんのアイデンティティを育むことになります。


次回は、販路拡大プロセス「ロゴを作成しよう」についてお話したいと思います。

  • 農園
  • 農業

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103

記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

この記事を書いた人Who wrote this blog

Tsukiyama Jun

感性豊かな心躍るデザイナー兼ディレクター。男性的なデザインが得意。

無料見積

まずは無料でお見積もりを作成いたします。
お気軽にお問い合わせください。

無料見積もり

お問合せ先

クリックで
事務所一覧が
開きます

tel.0120-622835

営業時間/9:00〜18:00 
定休日/土日祝日

Copyright © 2021 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.