株式会社アプリコットデザイン株式会社アプリコットデザイン

tel.0120-622-835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日

  • instagram
  • facebook

BLOGスタッフブログ

トップページ > ブログ > 読みやすさは漢字のおかげ

読みやすさは漢字のおかげ

UPDATE : 2022.01.19

CATEGORY :
Aruga
Aruga

Aruga

昨年末から懐かしい児童書「ナルニア国物語」を読んでいます。

児童書なので、すぐに読み終わるかと思っていたのですが、
意外なことに、いつもより時間がかかってしまいました。

なかなか読み進められない原因は、なんとひらがなの多さ!
ひらながが多すぎて、文章の意味をなかなか理解できないのです(^^;)

 

たとえばこちら↓

 

ふたりの船員たちがあがってくるあいだ、
がまんしていて、それからいっしょうけんめいに
下までおりました。
ナルニア国物語「朝びらき丸 東の海へ」C.S.ルイス作/瀬田貞二訳(岩波書店)より

 

ひらがなオンリーの2行目が、なかなか読みにくいですね。
漢字を増やすと読みやすさが変わります↓

 

二人の船員たちがあがってくる間、
我慢していて、それから一生懸命に
下までおりました。

漢字は多すぎても少なすぎても読みやすさがずいぶん違います。
読む人の年齢を考えて文字を選ぶ大切さを痛感しました。

どなたか忘れてしまったのですが、
「男性読者さん向けの作品は漢字を多めにする」と
おっしゃっていた作家さんもいました。

年齢や性別だけではなく、地域や時代も気にしつつ、
漢字の量に気を配ると親切かもしれません。

児童書を読んで、漢字の偉大さに
改めて気付かされたあるがでした◎

この記事を書いた人Who wrote this blog

Aruga Shizu

コツコツと着実な一歩を
ライター兼グラフィック&WEBデザイナー

RELATED POST関連する記事

CONTACTお問い合わせ

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 
定休日/土日祝日

  • 信州ファームデザイン
  • 信州ファームマーケット
  • 株式会社POCKET
  • 株式会社Think for Design