お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

【色のお勉強】人はなぜ色が見えるのか

UPDATE : 2020.04.15

CATEGORY : Wakashima Megumi

突然ですが、人はなぜ「色が見える」のかを知っていますか?


ほんのりピンク色の桜

スカッと晴れた青い空

赤い期限切れの予定…(←早くやりましょう;)




当たり前に様々なモノの色を目にしている訳ですが

色を見るには
「光」「モノ」「眼」の3つが必要で

人間の目が感じることのできる「光」には
波長約380〜780nmという限られた領域があります。
(「光」は「電磁波」の一種。)


その領域を図にするとこんな感じで



まさに「虹」の色です。


紫より外の「紫外線」や赤より外の「赤外線」の元では
色を見ることはできません。


よく映画のCMで
「もう何度泣いたか分かりません。」なんてコメントとともに
暗視カメラで客席のお客さんを写した映像を目にしませんか?



あれは人間が光として感じることのできない
「赤外線」を反射させて捉えた映像なのですが

カタチは認識できても、色を識別することはできません。
人間が色を認識できる光の波長が関係していたんですね。



ちなみに
晴れた空が青い理由と、夕焼けが赤い理由を説明します。

晴れた空が青く、夕焼けが赤いのは
悲しくなって見上げたから空が青かった訳でも
夕焼けこやけに赤とんぼが飛ぶから赤い訳でもありません。


空に色が付いて見えるのは
太陽の光が空気中のチリや水滴などの細かい粒子にぶつかって散乱するためなのですが

太陽と自分との距離によって目に届く光の波長が違うからなんです。


太陽と自分の距離が近ければ短波長の青が目に届き


太陽と自分の距離が遠ければ長波長の赤が目に届く。



148cmのアタシと、189cmのカレでは
実は見えている空の色が違うのかもしれませんね。

………。



色々知ると、逆に不思議になります。
色だけに。

………。


次回は『動物には色が見えるのか?』について書きたいと思います。


  • なぜ色が見える
  • 色を学ぶ

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103

記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

6+

この記事を書いた人Who wrote this blog

Wakashima Megumi

子育てと仕事を両立するハイパワー主婦デザイナー。一言で表すと四角形デザイナー。

無料見積

まずは無料でお見積もりを作成いたします。
お気軽にお問い合わせください。

無料見積もり

お問合せ先

クリックで
事務所一覧が
開きます

tel.0120-622835

営業時間/9:00〜18:00 
定休日/土日祝日

Copyright © 2020 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.