株式会社アプリコットデザイン株式会社アプリコットデザイン

tel.0120-622-835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日

  • instagram
  • facebook

BLOGスタッフブログ

トップページ > ブログ > いまだに恐ろしいこと。

いまだに恐ろしいこと。

UPDATE : 2021.01.22

CATEGORY :
Aruga
Aruga

Aruga

デザイナーになって、十数年。
いまだに恐怖で震えるお仕事があります。

それは、新聞折込チラシを作ることです。
(とてもたくさん印刷して、各地の新聞に折り込まれます)

先日20万部少々印刷される新聞折込チラシを制作させていただきました。
に、20万部!?!?!
印刷された大量のチラシは、印刷屋さんが納品先へお届けしてくださるので、
実際に20万部のチラシを目の当たりにしたことはありません。
すごい量なんだろうなぁ……

印刷物を制作するたびに、誤字脱字などなく、
ちゃんと仕上がっていますように!!と緊張します。
あああ、無事みなさまのお手元に届くだろうか。
不安で震える(^^;)

もちろん一言一句、文字を確認しました。
元原稿から修正原稿までチェックしました。
カレンダーを見て日付と曜日も確認しました。
過去チラシと見合わせたりもしました。

それでも、それでも……
震えるほどに怖いのです。

いつまでも、怖いくらいがちょうどいいのかもしれません(^^;)
初心忘れるべからずです。


今回はチラシのお仕事でしたが、
世の中から、どんどん紙の印刷物が減っています。
チラシもフリーペーパーも雑誌も小説も、
次々にデジタル化されていきます。

でも、わたしが生きている間に、
「紙が絶滅する日」は、来ないんだろうなぁと思っています。

遥か遠く、もはや物語みたいなずっと昔から、
紙は、暮らしの中にあったので、
そう簡単には手放せない存在なのです。

わたしも電子書籍で本を読むことがありますが、
電子書籍だけになる日は来ないだろうと感じています。

どうにも好きなんですね、紙が(笑)。
残りのページ数を感じつつ、一枚ずつ紙をめくる行為は病みつきになります。

これから先も、「紙」はどんどん使われなくなっていくことでしょう。
だからこそ、「紙を使いたい!」と思える存在もきっとあるはず◎

適材適所。
紙とデジタルの棲み分けが、どこまで進むのか気になるところです。


この記事を書いた人Who wrote this blog

Aruga Shizu

コツコツと着実な一歩を
ライター兼グラフィック&WEBデザイナー

RELATED POST関連する記事

CONTACTお問い合わせ

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 
定休日/土日祝日

  • 信州ファームデザイン
  • 信州ファームマーケット
  • 株式会社POCKET
  • 株式会社Think for Design