STAFF BLOGNOHARA MIDORIしずくまちゃんとななぶた/スタッフブログ

2019.08.01

手書きの温もり

Nohara Midori

1+

スイミングスクールのパンフレットを制作しながら

プール行きたいなーと思いつつ痩せなきゃ水着着れないことに気づいて

愕然としているどりーです

 

 

ここ数年周りが結婚ラッシュなので結婚式に呼ばれることが多いのですが

今まで何となく送ってた招待状の中に入っている返信ハガキ。

あのハガキって今時何のために入れるんだろう。。。

 

 

住所はそもそも招待状送ってる時点で分かってるし

行くか行かないか、食事のアレルギーもメールやラインで分かる。。

なので自分の結婚式の時は理由もわからなかったので入れませんでした。

 

 

友人からの招待状も、ハガキをあまり重要視していなかった私は、出し忘れてラインで

私「結婚式行くからね!ハガキ忘れてたごめん!」

友「全然大丈夫!了解だよ!」 なんてことも。(大丈夫なんかい)

 

 

 

あのハガキに意味があるとするなら、

・ データ上ではなく物として出席人数などを把握できる。とか、

・ 手書きの、心のこもった人の温もりを感じられる。とかなんでしょうか?

 

 

結論から言うと今だに意味はあまり分かってないんですが

せっかくコストをかけて送ってくれて

“何日までに返信ハガキ送ってね”と言われるなら

意味のあるものにしたい。

と言うことで最近は返信アートに挑戦してみています。

(クオリティは悪しからず・・・)

 

 

・ ジブリ好きの友人へ夫婦とジブリのコラボ(雑)

・ 漫画のとなりの怪物くんのヤマケンが好きと言っていた従兄弟へ

・ ジャンプを今だに本で買い続けていると言う友人へ

 

 

 

だんだん自己満で書くことが楽しいだけのスキルひけらかし、、、のような気もしてきますが

送るたびとても喜んでもらえるのでアリだな、と言う結論に。

逆に今まで何でこれやらなかったんだろう?!くらいです。

 

もしかしたら自分の結婚式もこんな風に心を込めて

返事をしてくれる人もいたのかもしれない・・・と思うとちょっと後悔です。

 

 

 

メールやラインでやり取りすることばかりですが、やっぱり手書きの、

人の熱がこもったものって嬉しいものだな、と気づかされたのでした。

 

記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)
1+

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103