tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 
定休日/土日祝日

トップページ > ブログ > 2023年絶対行きたい展覧会5選!

BLOG

ブログ

UPDATE:2023.2.14

CATEGORY

2023年絶対行きたい展覧会5選!

超個人的に「2023年絶対行きたい展覧会」をご紹介いたします!


生誕100年 柚木沙弥郎展

2023年1月13日(金)~4月2日(日)
日本民藝館

染色家・柚木沙弥郎(1922-)の作品が持つ特質は、無垢な模様と澄んだ色彩にあります。生誕100年を記念する本展では、初作品から近作に至る染色品を展示すると共に、時代や産地、手法の異なる工芸品やプリミティブな造形とのコラボレーションを試みます。それらと共鳴し瑞々しい生気を放つ柚木作品は、感動と喜びをもたらしてくれるでしょう。

日本民藝館公式サイトより引用

昨年10月に100歳を迎えた柚木沙弥郎さんの展覧会。
柚木さんの作品は見ただけで元気が出て、喜びや、生きる力みたいなものが湧いてきます。
本当に原初の「物を作ることの楽しさ」が溢れていて、圧倒されます。

松本市美術館のコレクション展にて染色作品3点と「柚木沙弥郎の鳥獣戯画」が展示中ですので、こちらもぜひ行きたいですね!

2023年1月11日(水)~4月23日(日)




レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

2023年1月26日(木)~4月9日(日)
東京都美術館

本展は、エゴン・シーレ作品の世界有数のコレクションで知られるウィーンのレオポルド美術館の所蔵作品を中心に、シーレの油彩画、ドローイングなど合わせて50点を通して、画家の生涯と作品を振り返ります。加えて、クリムト、ココシュカ、ゲルストルをはじめとする同時代作家たちの作品もあわせた約120点の作品を紹介します。夭折の天才エゴン・シーレをめぐるウィーン世紀末美術を展観する大規模展です。

エゴン・シーレ展公式サイトより引用

以前ウィーン・モダン展にて何点か作品を鑑賞したのですが、
迷いなく力強い線で描かれたドローイングにもう心を全部持っていかれました。

絵が、
うますぎる
(絶句)

公式サイト、みどころの中に「一目見れば天才ぶりがわかる作品。」という一文があるのですが、同意しかないです。




東京国立近代美術館 70周年記念展 重要文化財の秘密

2023年3月17日(金)~5月14日(日)
東京国立近代美術館

東京国立近代美術館は1952年12月に開館し、2022年度は開館70周年にあたります。これを記念して、明治以降の絵画・彫刻・工芸のうち、重要文化財に指定された作品のみによる豪華な展覧会を開催します。とはいえ、ただの名品展ではありません。今でこそ「傑作」の呼び声高い作品も、発表された当初は、それまでにない新しい表現を打ち立てた「問題作」でもありました。そうした作品が、どのような評価の変遷を経て、重要文化財に指定されるに至ったのかという美術史の秘密にも迫ります。

東京国立近代美術館 70周年記念展 重要文化財の秘密 公式サイトより引用

展示作品全てが「重要文化財」
日本近代美術の名品を一挙に見ることが出来る貴重な展覧会です。
明治以降の重文全68件のうち51点が集結。
東京国立近代美術館所蔵の重文は全て公開されます。

こんなの行くしかね~~!!!!
南風!!観たい!!!

会期中展示替えもありますので、作品の展示期間をチェックして予定を立てたいですね。
そして特設サイト作品紹介ページの演出がとっても面白いです!ぜひご覧ください。




特別展 恐竜図鑑 ― 失われた世界の想像/創造 ―

2023年3月4日(土)~5月14日(日)
兵庫県立美術館
2023年5月31日(水)~7月22日(土)
上野の森美術館

人類誕生のはるか以前、地球を支配していた恐竜。19世紀の化石発掘を機に、復元図を通して一般に認知されるようになりました。以来、この古代生物に魅せられた我々は、化石などの痕跡から想像をはばたかせ、絵画を主な手段として失われた世界を創造してきました。
従来の恐竜展の主役は化石ですが、本展では太古への限りない憧憬が込められた「パレオアート(古生物美術)」のロマンあふれる世界へとご案内します。

特別展 恐竜図鑑公式サイトより引用

小さなころ図鑑で見た“あの絵”の展覧会です!
神話的な魅力を持つ19世紀の恐竜画から、
恐竜研究が進み、新しい恐竜像を示した現代の恐竜画まで
絵の中に生きる恐竜たちはロマンに満ちていますね・・!
ほんの一部の化石から想像力をフル回転させて生み出された姿に、アーティストたちの情熱を感じます。




ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―

2023年3月21日(火・祝)~ 6月11日(日)
国立工芸館

ポケモンと工芸、正面切って出会わせたらどんな化学反応が起きるだろう。
この問いに人間国宝から若手まで20名のアーティストが本気で挑んでくれました。

約70点全点新作!会場で皆さんを待ち構える作品との出会いははたして…
ワクワク、うっとり、ニヤニヤそれともゾクッ?
かけ算パワーで増幅した美とわざの発見をお楽しみください。

ポケモン×工芸展公式サイトより引用

ポケモン×工芸
タイトルを見ただけでもうめちゃくちゃ面白そうな企画展です。
工芸品とは、日常生活(暮らし)の中で使われ、愛されるもの。
ポケモンって暮らしの中に溶け込むのがすごく上手い作品ですよね。
現実世界とゲームの世界を結び付けたポケモン GOしかり、
地域の「推しポケモン」が各地の魅力をPRするポケモンローカルActsしかり。
そんなポケモンと工芸の組み合わせ、双方の相乗効果が楽しみです!


※2023年2月14日現在の開催予定情報です。
展覧会の開催期間・内容等は変更となる可能性がございます。
各美術館の公式ホームページで最新情報をご確認ください。

Happiness in Design

シアワセをデザインする会社

営業ゼロで年間600件以上
お問い合わせをいただいている
ノウハウを惜しみなく。

アプリコットデザインには創業当初から営業マンはいません。
創業当初からWEBを活用することに重点を置いて、これまで試行錯誤してきました。その結果、年間600件以上の問い合わせををこのホームページから得ています。ホームページという集客ツールを提供している私たち自身が、自社のホームページで集客できないのでは、お客様に自信を持ってオススメすることはできません。自社の実験から「WEBを活用して集客するためのノウハウを蓄積」した上で、誰よりもホームページの素晴らしさを知り、自信をもってお客様にご提供していきたいと考えます。

VIEW MORE

CONTACT

お問い合わせ・ご相談は
お気軽にどうぞ。

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 
定休日/土日祝日

プロジェクト

それぞれの
らしさ溢れる日常を。

カフェ、トリミングサロン、ネイルサロン、スクール「tone village(トーンビレッジ)」

カフェ、トリミングサロン、ネイルサロン、スクール「tone village(トーンビレッジ)」

カフェ/ドッグサロン/
ネイルサロン/スクール

tone village

We're open.

採用情報

recruit info

豊かで彩りのある社会をつくる!

私たちは仕事を通して、一人でも多くの人が未来に対する希望を描けるような、そんなワクワクする社会をつくっていきたいと思っています。

VIEW MORE