tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 
定休日/土日祝日

ブログ|アプリコットデザイン
トップページ > ブログ > ブログの更新頻度はどのくらいがちょうどいい?

BLOG

ブログ

UPDATE:2022.3.30

CATEGORY
仕事のこと会社のこと

ブログの更新頻度はどのくらいがちょうどいい?

先日のさとちゃんのブログでご紹介いただきましたが、
3月の全体会にて、ブログ大臣に任命されました。
ナンテコッタ(゚Д゚;≡;゚д゚)!!!

さとちゃんのブログはこちら↓↓↓
ブログは一日にして成らず


大臣として、何をしたらよいのかわからなかったので、
とりあえず、みなさんにアンケートをお願いしました^^

アンケート結果は、書類にまとめて、
みんなに報告しようと思っていましたが、
せっかくなので、日々のブログの中で、
少しずつ結果を報告することにします◎

本日の報告結果は「ブログの更新頻度について。

アプリコットデザインには、
スタッフ一人ひとりが、
「週に1度はブログをアップする」ように
曜日ごとの当番表があります。

でもこの「週に1度」という更新頻度。
多いのか、少ないのか、みんなどう思ってるかなあ?と
アンケートをお願いしたところ・・・

【設問】ブログ当番の頻度は?
・週に1度でちょうどいい
・2週間に1度がいい
・月1がいい
・書くの無理( ˙-˙ )
1位/週に1度でちょうどい
2位/月1がいい
3位/2週間に1度がいい
4位/書くの無理( ˙-˙ )
と、いう結果になりました。
更新頻度は「週1」でちょうどよいようです。

ちなみに週1以外の答えも複数あったので、
念のため、ナカムラさんに質問してみたところ・・・

「更新頻度の変更はアリですか?」
「ナシです( ´ ꒳ ` )」

・・・・・・ナシでした(^^;)笑

「そもそも書けないよー」「週1多いよおおー」という方のためにも
更新頻度はそのままに、もっと書きやすくなるよう工夫せねばなりませんね。
 (↑こちらはまた後日のブログにて)

アプリコットデザインの場合は、
各自が週に1度の更新ですが、
グループ会社の「POCKET」のおふたりは、
揃ってブログの毎日更新をしています。
すごい(゚ロ゚)!!

先輩のはぎーさんに続き、毎日更新を決意したご様子・・・。
突然の決意表明。
突然の決意表明。


毎日更新はハードルが高いので、
なかなか真似はできませんが、
真似できなくてよいとも思います◎

それぞれのよき塩梅で、
気長にコツコツ、ブログをアップする。

渾身のブログを!!!!!と力まなくても、
一人ひとりが持っている知識や経験は、
意外と自分以外の人にとって、ものすごい発見や
ささやかな気づきがあるものです(*´-`)♪

最近、ゆかさんのこちらのブログで、
普通郵便の配達日数が変わったことに衝撃を受けました笑
配達日数にご用心


アプリコットデザインでは、あたらしい人が入ったり、
産休の若さまがもうすぐ戻ってくることもあり、
ブログ当番表が4月4日(月)〜新しくなります。

わたしは変わらず水曜日担当ですので、
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Happiness in Design

シアワセをデザインする会社

営業ゼロで年間600件以上
お問い合わせをいただいている
ノウハウを惜しみなく。

アプリコットデザインには創業当初から営業マンはいません。
創業当初からWEBを活用することに重点を置いて、これまで試行錯誤してきました。その結果、年間600件以上の問い合わせををこのホームページから得ています。ホームページという集客ツールを提供している私たち自身が、自社のホームページで集客できないのでは、お客様に自信を持ってオススメすることはできません。自社の実験から「WEBを活用して集客するためのノウハウを蓄積」した上で、誰よりもホームページの素晴らしさを知り、自信をもってお客様にご提供していきたいと考えます。

VIEW MORE

CONTACT

お問い合わせ・ご相談は
お気軽にどうぞ。

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 
定休日/土日祝日

プロジェクト

それぞれの
らしさ溢れる日常を。

カフェ、トリミングサロン、ネイルサロン、スクール「tone village(トーンビレッジ)」

カフェ、トリミングサロン、ネイルサロン、スクール「tone village(トーンビレッジ)」

カフェ/トリミングサロン/
ネイルサロン/スクール

2023.6.2(FRI)

GRAND OPEN

採用情報

recruit info

豊かで彩りのある社会をつくる!

私たちは仕事を通して、一人でも多くの人が未来に対する希望を描けるような、そんなワクワクする社会をつくっていきたいと思っています。

VIEW MORE