お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

君がため

UPDATE : 2019.11.13

CATEGORY : Nohara Midori

(タイトルが「君の○は」みたいだ、、、)

最近アニメで「ちはやふる」3期が始まったので1期から見直していたら、
覚えたくなって使いどころもないのに
百人一首をちょっと勉強しているデザイナーどりーです。



百人一首といえば、小学校の時に百人一首大会があったような記憶はありますが
あの頃は訳もわからず頭に詰め込むというか、歌の意味なんて聞いても共感できないし
よくわからないひらがなの羅列でしかありませんでした。



ちはやふるに影響されて、改めて百人一首の意味と響きなんかを調べてみたりしてるのですが、
大人になってからちゃんと向き合ってみると、感心せざるを得ません。





本格的に秋から冬の寒さになってきていますが、
秋の句で好きなのは

奥山に紅葉踏みわけ鳴く鹿の 声きく時ぞ秋は悲しき

現代語訳
人里離れた奥山で、散り敷かれた紅葉を踏み分けながら、雌鹿が恋しいと鳴いている雄の鹿の声を聞くときこそ、いよいよ秋は悲しいものだと感じられる。

小学生の頃には哀愁なんてものも、物悲しさもいまいち理解できませんでしたが、
今ならなんとなく奥山の情景が脳裏に浮かんで、この句を読んだ時の作者の哀愁漂う背中が想像できます。




私が覚えている数少ない百人一首の中で、私が一番好きな句は

君がため春の野に出でて若菜摘む わが衣手に雪は降りつつ

現代語訳
あなたにさしあげるため、春の野原に出かけて若菜を摘んでいる私の着物の袖に、雪がしきりに降りかかってくる。

「君がため」と始まる感じもキュンとしますし、
「春の野」「若菜」「衣手」「雪」など、柔らかなイメージを含んだ言葉が多く使われていて、
「若菜積む」と「雪は降りつつ」の緑と白の対比など情景が、もう・・・イラストに描きたい・・・とか思う美しさ。


百人一首って本当に奥が深い、というか日本の俳句やら短歌とかの文化素敵すぎる。


最近背景イラストとか練習したいなーと思ってたので
百人一首の景色を百枚分イラスト描いたら上達するかな。。。ということで、
Apple Pencilの力を借りて、AdobefrescoというiPadのソフトで描いてみました。。。
(春感ないです!!背景画は勉強中ですが、た、、楽しい!!!!!)





みなさん、「ちはやふる」是非見てください。



    営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

    [長野オフィス-本社-]
    〒381-2246
    長野県長野市丹波島1-805

    [東京ブランチ]
    〒100-0004
    東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

    [松本ブランチ]
    〒390-0851
    長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

    [金沢ベース]
    〒920-0831
    石川県金沢市東山1丁目10-1 103

    記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

    7+

    この記事を書いた人Who wrote this blog

    Nohara Midori

    まとめる力に長けている、コミュニケーション重視デザイナー

    無料見積

    まずは無料でお見積もりを作成いたします。
    お気軽にお問い合わせください。

    無料見積もり

    お問合せ先

    クリックで
    事務所一覧が
    開きます

    tel.0120-622835

    営業時間/9:00〜18:00 
    定休日/土日祝日

    Copyright © 2020 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.