株式会社アプリコットデザイン株式会社アプリコットデザイン

tel.0120-622-835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日

  • instagram
  • facebook

BLOGスタッフブログ

トップページ > ブログ > 【hタグとは】webサイトの見出しを考えよう

【hタグとは】webサイトの見出しを考えよう

UPDATE : 2021.11.29

CATEGORY :
Sato
Sato

Sato

普段何気なく見ているwebページ、
あまり意識することは無いかと思うのですが「見出し」という要素が含まれています。



hタグ(見出し要素)とは

HTML内のテキストに、「見出し」を設定するためのタグです。
hタグには上位の<h1>~下位<h6>までの6種類があり、
ページを見ている人や、検索エンジンに、ページ内容を伝えるための重要な要素となります。

普通はwebページを端から端まで全部読む、ということは少ないかと思います。
(作り手としてはさみしいですが笑) きっとみなさん、知りたい情報をピックアップして読んでいることでしょう。

例えば、「電車でのアクセスについて知りたい!」というときに
アクセスページを上から下まで全て読んでいくのは大変ですが、
「アクセス-〇〇線をご利用の方」という見出しがあったら、真っ先にその情報にたどりつけますよね。
そんな時に役に立つのも「見出し」です。



基本的な見出しの付け方

こんなwebページがあったとします。

このページ内でhタグを設定すると…
このようになります。
このページの内容を最も簡潔に伝える見出しが<h1>「私たちについて」ですね。


見出しの付け方が難しいな…と悩んだら、
本を書くイメージで内容を整理してみるのがおすすめです。
伝えたい内容を「章」「節」としてまとめていくと、情報が分かりやすくなりますよ。

次回はhタグの注意点について書いていきたいと思います!
それではまた。

▼次回
【hタグとは】見出しタグの使い方と注意点

この記事を書いた人Who wrote this blog

Sato Tomoe

核心をツク鋭い感性を持つ
デザイナー系WEBエンジニア

RELATED POST関連する記事

CONTACTお問い合わせ

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 
定休日/土日祝日

  • 信州ファームデザイン
  • 信州ファームマーケット
  • 株式会社POCKET
  • 株式会社Think for Design