トップページ > ブログ > 文章作成で気をつけたいたった1つのこと【デザイン会社のライター編】

BLOG

ブログ

UPDATE:2023.7.18

CATEGORY

文章作成で気をつけたいたった1つのこと【デザイン会社のライター編】

「ライターとは、日本語を日本語に翻訳する仕事」

と、ライター/コラムニストの佐藤友美さんが
著書「書く仕事がしたい」(CCCメディアハウス)の中で仰っていました。

デザイン会社に在籍し、デザインとライティングをする私は、
どんなライターとしてアプリコットデザインに存在したらいいのかな?と考えながら
佐藤さんの本を読んでいたので、この一文にハッ!としました。

ライターとして私がたすざわるお仕事は
今のところ、主にこの2つです。

①お客様からいただいた原稿を整えること
②お客様のブランド価値を表現する言葉を創ること

どちらのお仕事も確かに、
「日本語を日本語に翻訳する仕事」といえます。

ここで私は、気付きました。
どんなライターになろうか悩みながらも、
「絶対にこうあるべきだ!」と決めているルールがあることに。

私が決めているルールは、たった1つだけ。
自分が気持ちいいと感じる言葉ではなく、
お客さんの輪郭が際立つ言葉を選ぶこと。

 

誰かの想いや歴史を言語化することは、
特定の型に押し込めることです。

記憶や心にある出来事や想いは、
言葉に変換しなくては、他人に伝えることはできないけれど、
言葉に変換した瞬間に、別の何かに変わってしまいます。

だから私は、この言葉が本当に合っているのか、
多くの人に伝わるか、誤解されないか、
お客様の想い通りか、あれやこれやと、考えます。

日本語は、その存在自体が美しく多彩で、
辞書を開くたびに「へえ!」と驚くばかりです。
でも、私の仕事は、その美しさを表現するものではありません。

私がライティングを担当したお仕事は、
私の作品ではなく、お客様の骨格となる重要な要素です。
だからこそ、芸術的な詩や魅力的な音を重視しないよう心がけています。

とはいえ。
これぞ!というモノがなかなか創れないことも多々あります^^;
そんなときは、誰かに相談しつつ、他の人のお仕事を観察しつつ、
これからも「どんなライターになるか?」を考えながら、
自分で決めたルールを守れるライターでいたいと思います。

最近、ディレクターのくぅちゃんが、
ディレクターと兼務しながらライターのお仕事も担当するということで、
くぅちゃんのお仕事からも学びながら、これぞ!というモノをお届けできるよう精進します。
(アプリコットデザインでは、ハイパー総務ゆかさんもライターを担当しています^^)

▼アプリコットデザイン「メディア編集部」のくぅちゃん
Koyama Miku












Happiness in Design

シアワセをデザインする会社

営業ゼロで年間600件以上
お問い合わせをいただいている
ノウハウを惜しみなく。

アプリコットデザインには創業当初から営業マンはいません。
創業当初からWEBを活用することに重点を置いて、これまで試行錯誤してきました。その結果、年間600件以上の問い合わせををこのホームページから得ています。ホームページという集客ツールを提供している私たち自身が、自社のホームページで集客できないのでは、お客様に自信を持ってオススメすることはできません。自社の実験から「WEBを活用して集客するためのノウハウを蓄積」した上で、誰よりもホームページの素晴らしさを知り、自信をもってお客様にご提供していきたいと考えます。

VIEW MORE

CONTACT

お問い合わせ・ご相談は
お気軽にどうぞ。

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 
定休日/土日祝日

プロジェクト

それぞれの
らしさ溢れる日常を。

カフェ、トリミングサロン、ネイルサロン、スクール「tone village(トーンビレッジ)」

カフェ、トリミングサロン、ネイルサロン、スクール「tone village(トーンビレッジ)」

カフェ/ドッグサロン/
ネイルサロン/スクール

tone village

We're open.

採用情報

recruit info

豊かで彩りのある社会をつくる!

私たちは仕事を通して、一人でも多くの人が未来に対する希望を描けるような、そんなワクワクする社会をつくっていきたいと思っています。

VIEW MORE