株式会社アプリコットデザイン株式会社アプリコットデザイン

tel.0120-622-835

営業時間/9:00〜18:00 定休日/土日祝日

tel.0120-622835

営業時間/9:00〜18:00 定休日/土日祝日

  • instagram
  • facebook

BLOGスタッフブログ

トップページ > ブログ > #03 APRICOT INTERVIEW byNakano Takafumi

#03 APRICOT INTERVIEW byNakano Takafumi

UPDATE : 2021.04.08

CATEGORY :
Terashima
Terashima

Terashima

アプリコットのメンバーは基本的にほんわか。
だけど、実はほんわかしているだけじゃない。

普段はわざわざ口に出して言わないけれど、
仕事に対する想いや情熱ってきっとある。

アプリコットのスタッフがどんなアツい想いを胸に秘めているのか
知りたくてたまらないジョンが、
ひとりひとりにインタビューしていくシリーズ第3回目!

第3回はコーダーのたあさん。
まごころ溢れるあったかい想いを語っていただきました!

https://apricot-design.com/abouttop/staff/nakano/
Nakano Takafumi
丁寧に誠実に。人のことを思いやる気持ちはぴかいち。
iPhoneで写真を撮るのが上手。

APRICOT INTERVIEW
#03 Nakano Takafumi 「求められたこと以上に丁寧に」


人のために何かしたい

ジョン:たあさんのお仕事について教えてください!

たあさん:なぞの人ですね。笑 

ジョン:なぞの人!?笑

たあさん:コーダーをやりつつ、サーバーのドメインを取得したり、
広告周り対応したり、修正対応したり…ですかね

ジョン:たあさん、なんでも屋だったんですね。笑

たあさん:お客様とやりとりもしますし、デザインと経理関係以外はやっていますね。

ジョン:かっこいいっすね、なんでもできる!って感じ。

たあさん:性格的には一つのことを極めたいタイプなので、
中途半端になってるかも。笑
周りのアプリコットのコーダーの方のレベルに比べたら
まだまだなので…
だからこそ、そのレベルの領域に行きたいと思っています。

ジョン:そんな中でも、お仕事に対してやりがいってありますか?

たあさん:お客様だったりスタッフのみんなから
「ここどうしたらいいかな?」って質問をされたり、手伝ってください!とか
頼ってもらえる事がやりがいというか、嬉しいですよね。

ジョン:あー、確かに。たあさんに聞けば何か100%の答えじゃなくても、
解決のきっかけになる20%の答えだったりをもらえるイメージありますね。
もちろん100%の答えをもらえることもありますし。

たあさん:なんかね、“答えたい”んだよね。人のために何かしたい。 そこはスタッフのみんな同じなんだと思うけど、アプリコットの方針としても
自分の利益よりも、お客様に喜んでもらって、その結果お互いが幸せになる。 っていう想いの部分が同じなので、人に施す、名裏方になりたいですね。

ジョン:いいですね!!
たあさん、舞台ってのは俳優じゃなくて、黒子が舞台を動かすんですよ!笑

たあさん: 笑


求められたこと以上に丁寧に

ジョン:そんな名裏方のたあさんが仕事で大切にしていることはありますか?

たあさん:丁寧にやること。雑にできないんですよね。
うっかりミスはもちろんあるんですけど、求められたこと以上に丁寧に

ジョン:丁寧!

たあさん:頼まれ事があったら、その先の作業までを考えて仕事をしています。
次に作業する人が仕事をやりやすいようにするとか、ちょいプラスα的な。
やってあげたいんですよね。

ジョン:ホスピタリティに溢れてますね 笑
たあさん、お客様のメールに対しても丁寧ですもんね。

たあさん:そうかなあ 笑


デザインだけではHPは存在できない

ジョン:たあさんにとってコーディング、お仕事ってなんですか。

たあさん:人のため、かな。
プラスαをやることによって喜んでもらえる、それが嬉しい。
HPってデザインだけでは存在できないから、
デザイナーさんが作ったものをコーディングで形にする。
ただコーディングするんじゃなくて、
お客様が更新しやすいようにって考えたり。

ジョン:どんな人にも使いやすくって大切ですよね。

たあさん:今必要ないかもしれないけど、
今後もしかしたら起きるかもしれない事も考えて作業をしたいんですよね。
それが使いやすさに繋がるし、丁寧にってことになると思うから。
コーダーができる事ってそういう部分な気がして、
デザイナーさんは見た目とか、イメージとかの部分をお客様に提供する。
コーダーは、より裏の部分の使いやすさだったり見やすさだったりを
提供できる
んじゃないかなって。
その結果、人のために繋がることが嬉しいです。

ジョン:なるほど、仕事に対する姿勢が優しさに溢れてますね。


うまくはまった、自分の居場所

ジョン:たあさんなんでコーダーになろうと思ったんですか?

たあさん:…なりゆき?笑 学生の時に趣味でHPを作っていて、
まだその頃はWordPressとか存在してなかったけれど、
友達からHP作ってくれない?って頼まれたりして独学で作ってたなあ。
社会人になった時にWEB制作がやりたいと思っていたんだけど
システム開発の担当になっちゃって、制作ができなくなってしまったんですよね。
その後長野に帰ってきてシステム開発はもういいかなーってなった時に
デザインはできないけれど、独学でWEB制作のノウハウは勉強していたので
WEB制作に携わりたい!で今に至るって感じ、だからなりゆき。

ジョン:なりゆきでもアプリコットにいなかったら私たち
こうして出会えていないですからね 笑
人生なにがあるかわからないですね。

たあさん:みなさんと出会えた事もそうですよね、嬉しいです。

ジョン:アプリコットにいる意味というか良さってなんですか?

たあさん:良さ……本当に辛かったら仕事って辞めるじゃないですか、
でも、どんなに嫌な事あっても、不思議と辞めたいとか思った事ないんですよね。
アプリコットにうまくはまった感じ。居心地がいいんですよね。

ジョン:普通会社って辞めたいとか、居心地が悪いとかみんな思うわけじゃないですか、
だけど、会社を自分の居場所として思えることっていいですよね。

たあさん:アプリコットで出会えたみんなに感謝です。
気持ち悪いって思われるかもしれないけれど 笑

ジョン:気持ち悪くないですよ!私も同じ想いです!笑
最後に言いたいことありますか?

たあさん:中村さん返事くださーい! 笑

ジョン:お忙しいですからね 笑

たあさん:あとは、スタッフのみなさん、ありがとう
これは絶対言いたい、アプリコットに居てくれてありがとう。
みんなが居てくれる事が本当に嬉しい。
みんなそれぞれ面白いキャラクターを持っていて、
居てくれるだけで安心するんですよ。
感謝です。

ジョン:わー私まで感謝されてる!嬉しい!ありがとうございました!


まとめ

たあさんのホスピタリティあふれる想いに触れる事ができたインタビューでした。
スタッフに対する感謝の気持ちに聞きながら、うるうる…。
そんな頼れるたあさんの温かい気持ちをこうして文字に残せてよかったです。
たあさんのこれからの活躍に乞うご期待!笑
次回もインタビューお楽しみに!

NEXT
#04 APRICOT INTERVIEW byYamamoto Mariko


編集/写真/取材 ジョン

この記事を書いた人Who wrote this blog

Terashima Misaki

デザインLOVE&ワクワク系デザイナー
芯の太さと向上心はアプリコットNo1

RELATED POST関連する記事

CONTACTお問い合わせ

tel.0120-622835

営業時間/9:00〜18:00 
定休日/土日祝日

  • 信州ファームデザイン
  • 信州ファームマーケット
  • 株式会社POCKET