tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 
定休日/土日祝日

トップページ > ブログ > Windows版Visual Studio CodeでPHPのエラーが出た時の解決方法

BLOG

ブログ

UPDATE:2021.8.17

CATEGORY

Windows版Visual Studio CodeでPHPのエラーが出た時の解決方法

最近めっきりプライベートのパソコンがWindowsになりつつあるコーダーのたぁさんです。

お盆休みが終わりましたが皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
私はご時世もあり、天気も良くなかったのでひたすら家にこもってゴロゴロしながらTV見たりゲームしたりでした 笑

さて、今回はWindows版のVisual Studio Codeを使用する際に、
「PHP実行ファイルが設定されていないため、検証できません。」 または
「PHPのインストールが見つからないため、検証できません。」 というエラーが出た時の解決方法です。

右下に出るこのようなメッセージです。
これは、php.exeという実行ファイルへのパスが通っていないために起こるエラーです。
WordPressのテーマファイルなどのPHPを編集する際にPHPの構文チェックなどを行ってくれるのですが、これがないとエラーのままなんてこともあるので、設定しておくと良いかもしれません。

まず、ローカルサーバー環境のXAMPPをインストールしている方は、xamppフォルダ内にあるのでそちらを指定すれば良いみたいですが、それ以外の場合は以下のURLからPHPをダウンロードして、Cドライブなどへインストールしてください。
PHPの公式サイト
https://www.php.net/
続いてVisual Studio Codeの設定方法ですが、左下のアイコンから「設定」を開きます。
上部にある検索窓で「php」と入力するとPHPに関連する設定が表示されますので、その中の「PHP > Validate: Executable Path」という項目で、「settings.json で編集」を開きます。
settings.jsonが表示されたら、その「{}」内に以下の設定を記述し保存します。

“php.validate.executablePath”: “php.exeへのパス”,
“php.validate.run”: “onType”,
私はC:¥Program Files¥phpにインストールしたので、そちらを指定しています。
※バックスラッシュは二つ記述しないといけないようです

これでエラーが表示されなくなり、文法チェックも行ってくれると思います。

Mac版はパスが通っているのか何もしなくてもエラーが出ることがないので、この辺りMacの方がやりやすいなと感じますね。

Happiness in Design

シアワセをデザインする会社

営業ゼロで年間600件以上
お問い合わせをいただいている
ノウハウを惜しみなく。

アプリコットデザインには創業当初から営業マンはいません。
創業当初からWEBを活用することに重点を置いて、これまで試行錯誤してきました。その結果、年間600件以上の問い合わせををこのホームページから得ています。ホームページという集客ツールを提供している私たち自身が、自社のホームページで集客できないのでは、お客様に自信を持ってオススメすることはできません。自社の実験から「WEBを活用して集客するためのノウハウを蓄積」した上で、誰よりもホームページの素晴らしさを知り、自信をもってお客様にご提供していきたいと考えます。

VIEW MORE

CONTACT

お問い合わせ・ご相談は
お気軽にどうぞ。

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 
定休日/土日祝日

プロジェクト

それぞれの
らしさ溢れる日常を。

カフェ、トリミングサロン、ネイルサロン、スクール「tone village(トーンビレッジ)」

カフェ、トリミングサロン、ネイルサロン、スクール「tone village(トーンビレッジ)」

カフェ/ドッグサロン/
ネイルサロン/スクール

tone village

We're open.

採用情報

recruit info

豊かで彩りのある社会をつくる!

私たちは仕事を通して、一人でも多くの人が未来に対する希望を描けるような、そんなワクワクする社会をつくっていきたいと思っています。

VIEW MORE