株式会社アプリコットデザイン株式会社アプリコットデザイン

tel.0120-622-835

営業時間/9:00〜18:00 定休日/土日祝日

tel.0120-622835

営業時間/9:00〜18:00 定休日/土日祝日

  • instagram
  • facebook

BLOGスタッフブログ

トップページ > ブログ > Windows版Visual Studio CodeでPHPのエラーが出た時の解決方法

Windows版Visual Studio CodeでPHPのエラーが出た時の解決方法

UPDATE : 2021.08.17

CATEGORY :
Nakano
Nakano

Nakano

最近めっきりプライベートのパソコンがWindowsになりつつあるコーダーのたぁさんです。

お盆休みが終わりましたが皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
私はご時世もあり、天気も良くなかったのでひたすら家にこもってゴロゴロしながらTV見たりゲームしたりでした 笑

さて、今回はWindows版のVisual Studio Codeを使用する際に、
「PHP実行ファイルが設定されていないため、検証できません。」 または
「PHPのインストールが見つからないため、検証できません。」 というエラーが出た時の解決方法です。

右下に出るこのようなメッセージです。
これは、php.exeという実行ファイルへのパスが通っていないために起こるエラーです。
WordPressのテーマファイルなどのPHPを編集する際にPHPの構文チェックなどを行ってくれるのですが、これがないとエラーのままなんてこともあるので、設定しておくと良いかもしれません。

まず、ローカルサーバー環境のXAMPPをインストールしている方は、xamppフォルダ内にあるのでそちらを指定すれば良いみたいですが、それ以外の場合は以下のURLからPHPをダウンロードして、Cドライブなどへインストールしてください。
PHPの公式サイト
https://www.php.net/
続いてVisual Studio Codeの設定方法ですが、左下のアイコンから「設定」を開きます。
上部にある検索窓で「php」と入力するとPHPに関連する設定が表示されますので、その中の「PHP > Validate: Executable Path」という項目で、「settings.json で編集」を開きます。
settings.jsonが表示されたら、その「{}」内に以下の設定を記述し保存します。

“php.validate.executablePath”: “php.exeへのパス”,
“php.validate.run”: “onType”,
私はC:¥Program Files¥phpにインストールしたので、そちらを指定しています。
※バックスラッシュは二つ記述しないといけないようです

これでエラーが表示されなくなり、文法チェックも行ってくれると思います。

Mac版はパスが通っているのか何もしなくてもエラーが出ることがないので、この辺りMacの方がやりやすいなと感じますね。

この記事を書いた人Who wrote this blog

Nakano Takafumi

アプリコットで一番まじめで丁寧な仕事をする
WEBエンジニア

RELATED POST関連する記事

CONTACTお問い合わせ

tel.0120-622835

営業時間/9:00〜18:00 
定休日/土日祝日

  • 信州ファームデザイン
  • 信州ファームマーケット
  • 株式会社POCKET