STAFF BLOGAPRICOT STAFFスタッフ別/スタッフブログ

2017.05.02

おとり商品投入!

0

性能の近い商品が2種類あるとする。

Aは性能の良い50000円の商品
Bは性能がAより劣るが安い40000円の商品

この2つの商品が並んでいると、迷ってしまう。

A、B2つの商品が並んでいる際、一方が価格、一方が品質に優れている場合に起こる
現象が専門用語で「非対称の優位性」と呼ばれる現象なのです。


さて、お店側はAの商品を一番売りたいとする。

どうしたら売れるのだろう?

答えはAとBの性能の中間の商品Cを用意することなのです。

あれ?Aを一番売りたいのに、Cを投入したらCが売れてしまうのでは?

商売人ですね!

たしかに

性能でいくとB→C→Aの順番です。
もしCの値段を中間の45000円としたら、この場合もB→C→Aの順番になります。

3つ並んでいると人は中間を選びたくなるんじゃないの?と
すなわちCが一番売れてしまうのでは?と。

商売人の方はそんな風に考えるかと思います。


ふふふ

Cを投入したらAが一番売れる方法があるんです。

それは


Cの価格を一番高くすることなんです。

CはAとBの中間の性能なんですが、価格を55000円にするのです。

性能はB→C→Aなんですが、価格はB→A→Cになりますね。

ここでお客はCはA,Bに比べて間違いなく劣っていると考えます。
AとCを比較すると、CはAよりも性能が低いのに高い
BとCを比較すると、Bよりも少し性能が良いだけでCはかなり高くなる・・
コスパが悪いと考えるのです。

そうすると、なんだかAの商品が一番優れていると感じてしまうのです。

分かりますかね?この心理戦。






記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)
0

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103