株式会社アプリコットデザイン株式会社アプリコットデザイン

tel.0120-622-835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日

  • instagram
  • facebook

BLOGスタッフブログ

トップページ > ブログ > 【デザイン会社で働くとは?】アプリコットデザイン6年生の現在地

【デザイン会社で働くとは?】アプリコットデザイン6年生の現在地

UPDATE : 2022.12.12

CATEGORY :
Aruga
Aruga

Aruga

12月も半ばに差し掛かり、今年も残りわずかです。
みなさま、2022年はどんな年になりましたか?

わたしはデザイナーからライターへ職種を変更し、
てんやわんやの年となりました(^^;)

▼ライターになったわたしのあれやこれやはこちら
【ここだけの話】実はものすごく恥ずかしくて自信がなくて穴があったら入りたい
【ここだけの話】実はものすごく恥ずかしくて自信がなくて穴があったら入りたい


そんな2022年の終わりを目前に、
職種を変えたこともあり「デザインのお仕事ってなんだろう?」と
改めて考えてみました。

振り返れば、15年以上この業界でお仕事をしていますが、
自分の仕事がなんなのか、あまり深く考えたことがありませんでした(*´-`)


さて、アプリコットデザインは「デザイン会社」なので、
お客様とのお打ち合わせを重ねた上で
ホームページのデザインを作ったり、
それをweb仕様にコーディングしたり、
ロゴを考えたり、チラシを制作したり、
のぼりや看板を作ったりと、広告販促にまつわる
いろんなものを作るのがお仕事です。

わたしたちのお仕事は、何かを「つくる」お仕事ですが、
芸術家ではないので、「デザインする」とはいえ
「0」から「1」を生み出す仕事ではありません。

デザインのお仕事には、必ずお客様がいて、

お店のホームページを作りたい!
会社のパンフレットを作りたい!
新事業のロゴやチラシを作りたい!

というご希望があってはじめて、
わたしたちの広告やwebに対する
技術や知識が役に立ちます。

アプリコットデザインという「デザイン会社」に勤めるわたしたちは、
広告販促にまつわるものを「つくる」ことがお仕事ですが、
それは多分、ホームページやパンフレットを作って
お客さまに「モノ」を納品するだけではありません。

お客様からいただいた情熱や願いである「1」の想いを
「2」にしたり、「5」にしたり、ときには「10」にしてお返しする。
それがわたしたちのお仕事なのだと思います。

デザイン制作の過程

 

ライターのお仕事をするようになり、
お客様の情熱や願い、歴史や過程を深くお聞きする機会が増えました。
そこで見聞きしたあふれんばかりの想いの数々を、言葉にまとめる大変さを感じつつ、
ライターのお仕事はおもしろいんだなあ、と多くのことを学ばせていただきました。

わたしはもう四十路を越えたいい大人ですが、
ライターとしては、まだまだひよっこです。

今のわたしでは、お客様からいただいた想いを
「1」から「2」にするのが精一杯かもしれません。
ですが、アプリコットデザインには、ディレクターがいて、
デザイナーがいて、コーダーがいます。
なんなら、イラストレーターもフォトグラファーもいます。

もしもわたしが、お客様の想いを「2」にするのがやっとだったとしても、
みんなで協力してお仕事をしているので、「5」にも「10」にも
育てていくことができるんじゃないのかな、と気づきました。

わたしがひとりであわあわ慌てなくても、
みんながいるから大丈夫だと
ふいに気づいてしまったのです。
だって、みんなすごいんですよ^^

ひとりのチカラはささやかでも、
みんなの得意が重なれば、大きな結果につながります。
それが「1」を「10」に育てていく
わたしたちのお仕事なのだと感じました。

ひよっこライターとして、
不甲斐ないと思うことばかりですが、
みんなのがんばりをひそかに見つめつつ、
今日もお仕事がんばります◎




この記事を書いた人Who wrote this blog

Aruga Shizu

コツコツと着実な一歩を。
デザイナー兼任ライター

RELATED POST関連する記事

CONTACTお問い合わせ

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 
定休日/土日祝日

  • 信州ファームデザイン
  • 信州ファームマーケット
  • 株式会社POCKET
  • 株式会社Think for Design