株式会社アプリコットデザイン株式会社アプリコットデザイン

tel.0120-622-835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日

  • instagram
  • facebook

BLOGスタッフブログ

トップページ > ブログ > ツキヤマ農業研究所の極秘活動②|種まき培土と水で増える園芸土の発芽比較

ツキヤマ農業研究所の極秘活動②|種まき培土と水で増える園芸土の発芽比較

UPDATE : 2022.07.13

CATEGORY :
Tsukiyama
Tsukiyama

Tsukiyama

ごきげんよう、デザイナー兼ツキヤマ農業研究所所長のツキヤマです。
わたくし、デザイナーの傍ら農作物の生産・研究をしています。

今回も私の極秘活動の1つを紹介しましょう。
それは最強のクルミ栽培方法の確立です。

約3週間前に、市販の「種まき培土」と「100均の水で増える園芸土」に発根したクルミちゃんたちを移植しました。
その後の途中経過です。

右が市販の種まき培土、左が水で増える園芸土を使用しています。
圧倒的な差が出ました。

市販の種まき培土は排水性を高めるパーライト(白い粒)の含有量が多く、
ストレスを抑えて根を成長させることができたものと思われます。
ポットを持ってみた感じ、土が入っているとは思えないくらい軽い。
つまり、水分がうまく排水され、根の呼吸ができているということ。

対象的に、水で増える園芸土はすごく重たい。地表から3センチ下は常に湿ったままでした。
原料のココヤシの保水力の高さたるや。
ここで一年前の悪夢が蘇ります↓
排水性の悪いプラケースで栽培したときに、みるみるうちに葉が落ち、
掘り起こしてみると根腐れして壊滅したことを思い出しました。

クルミ栽培における排水性の重要性を、改めて感じました。
この子達はこのままだと可哀想なので土の入れ替えをしてあげようかと思います。

うまく発芽した種まき培土のクルミ苗ですが、懸念点がこちらの奇形葉です。
モザイク病の症状や周囲に虫の姿が見えないことから、亜鉛欠乏が奇形の原因と見て引き続き調査を進めます。

***

夏本番、収穫の季節がやってまいりました・・・!!!
こちらの6年生ブルーベリーは基本的に放任栽培。
ですが積雪で枝をバキバキに折られないように、実をつけさせずに株を大きくするのが目標です!

この記事を書いた人Who wrote this blog

Tsukiyama Jun

アプリコットとそのお客様をゆっくり丁寧に育てる、農業系ディレクター兼デザイナー

RELATED POST関連する記事

CONTACTお問い合わせ

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 
定休日/土日祝日

  • 信州ファームデザイン
  • 信州ファームマーケット
  • 株式会社POCKET
  • 株式会社Think for Design