株式会社アプリコットデザイン株式会社アプリコットデザイン

tel.0120-622-835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日

  • instagram
  • facebook

BLOGスタッフブログ

トップページ > ブログ > 【デザイナーの悩み】グラフィック&Webデザイナーは何歳で引退するんだろう?

【デザイナーの悩み】グラフィック&Webデザイナーは何歳で引退するんだろう?

UPDATE : 2022.07.06

CATEGORY :
Aruga
Aruga

Aruga

真夏の熱波に慣れるべく夕刻すぎに
のんびり走る日々を送っているあるがです。
(↑遮熱順化というらしい)
 
世の中にはたくさんの職業がありますが、
わたしはかれこれ20年近く
広告販促のお仕事をしています。
 
わたしがまだ新人だったころは
今ほどwebは盛んではなく
まだまだ紙媒体が主体の世界でした。
 
インスタもTwitterも
youtubeもない時代です。
そもそもスマホがなかった(*´-`)
シンジラレナイ。
 
そんな時代に
新人デザイナーとして社会に出たわたしも
いつの間にか四十路を越え、
いい大人になりました。(多分・・・)
 
いい大人になったので、
わたしはいつまで元気満タンで
お仕事を続けられるかなあ、なんてことを
ごくごくたーーーまに考えます。
 
まだ四十路?
もう四十路?
 
そういえば、以前こんなブログを書いていました。
私がおばさんになっても。

 
そうです。
わたしは夢見る四十路でした( ´ ▽ ` )!!

数ある職業の中でも「デザイナー」は
生涯現役でいられる職業ではないかと思います。
つまり引退すべき年齢などない!
 
それはきっと、
「デザイン」があまりにも生活に密着していて
辞める・辞めないを考えるまでもなく
いつでもどんなときでも
そばにあるものだからだと思います。
 
わたしも生涯デザイナーでいたいな、という想いはありますが、
「好きなことを目一杯やりたい!」というワンパク属性を持っているので
最近は「ライター」としてのお仕事依頼を承りまくり中です。

何を隠そう、わたしは日本語が好きで、
文章が大好きで、小説(物語)が大大大好きなのです。
 
アプリコットデザインの「スタッフ紹介」でも
「ライター」として紹介してもらっています( ^ω^ )♪
 
と、言いつつも変わらず
デザイナーのお仕事も承っております^^
文章も含めてデザインできれば幸いです◎
 
 
ライターのお仕事といえば、
 
「伝えたい情報を伝わる文章にする」ことや
「正しい日本語で正しく伝える」ことが大切。
 
わたしはそこに、要素をひとつプラスして、
ライターから「ストーリーライター」になろうと思います。
 
直訳してしまえば「物語を書く人」ですが、
わたしは正しい文章以上に、
「人や会社の物語を書くライター」で在りたいと思っています。

では、
「人の物語を書く」とは?

ちょっぴり長くなってしまったので、
そのお話はまた次の機会に^^

この記事を書いた人Who wrote this blog

Aruga Shizu

コツコツと着実な一歩を。
デザイナー兼任ライター

RELATED POST関連する記事

CONTACTお問い合わせ

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 
定休日/土日祝日

  • 信州ファームデザイン
  • 信州ファームマーケット
  • 株式会社POCKET
  • 株式会社Think for Design