お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

デザイン物足りない症候群

UPDATE : 2021.09.06

CATEGORY : Sato Tomoe

コーダーというweb制作のお仕事をしておりますが、
かつてデザインの勉強をしていた時期もありまして…
その中で、トラウマになるほど言われた言葉があります。

それが

「ラフの方が良かったね!」

です。ヒエッ

ラフ=素案・アイデアスケッチの段階より、最終成果物に魅力がないのです。

なぜそうなってしまったのか。
振り返ると「何か物足りない」を克服できなかったことにあります。

何か足りない感じがする…

装飾を足す

文字を足す

さらに装飾を足す



その結果、まとまりがなく散らかったものに。
足りないから足す。というごまかしでは上手くいかないということを学びました。


例えば絶対に読んでほしい文章があるとします。
こんな風に強調してみますでも、ここも重要だしこっちも読んでほしいこの情報も大事だしこれもぜひお伝えしたい

目立たせたいがために装飾を足して、
装飾を足して、
装飾を足して、、
結果何を伝えたいのか分かりにくくなってしまうこともあります。


資料などを作る時、チラシや店頭POPを作る時、
何か足りないなと感じてイラスト素材や飾り文字をあれこれ付け加えたという経験がある方は多いのではないでしょうか?(私もその一人)

物足りない…という呪縛にかかったら、
何かを足そうとする前に
1.1番伝えたいことを明確にする!
2.情報のかたまりをきちんと整理する!
3.余白・配置をとにかく揃えてみる!(ばらつきがあると物足りなさを感じます)
以上3つのポイントをまず見直してみることをお勧めします!

もちろん付け足すことが悪手というわけでは決してありません!が、
目的(伝えること)のためにその手段がベストかどうか、一考してみてはいかがでしょうか。

SNSの写真だったりも何か付け足すのではなく、
1番見てもらいたいところを大事にするとぐっと魅力的になりますよ。

    営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

    [長野オフィス-本社-]
    〒381-2246
    長野県長野市丹波島1-805

    [東京ブランチ]
    〒100-0004
    東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

    [松本ブランチ]
    〒390-0851
    長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

    [金沢ベース]
    〒920-0831
    石川県金沢市東山1丁目10-1 103

    記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

    この記事を書いた人Who wrote this blog

    Sato Tomoe

    核心をツク鋭い感性を持つ、デザイナー系WEBエンジニア

    無料見積

    まずは無料でお見積もりを作成いたします。
    お気軽にお問い合わせください。

    無料見積もり

    お問合せ先

    クリックで
    事務所一覧が
    開きます

    tel.0120-622835

    営業時間/9:00〜18:00 
    定休日/土日祝日

    Copyright © 2021 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.