お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

10分づつあれば出来る甘酒&塩こうじの簡単タレレシピ2種【今日は菌曜日】

UPDATE : 2020.01.17

CATEGORY : Yokota Nana

みなさまこんにちは!
金曜日なので発酵ブログをかきますよ~!

本日は珍しくレシピブログ!

毎日が目まぐるしく過ぎて行ってしまう現代人におすすめな

①作業手順はシンプルで
②素材を生かすことができる
③何でも合う“タレ”のレシピ

のご紹介です!

これらは、自宅にある塩こうじや甘酒を使ってできるので
ない方は早速買いにGO!!

【甘酒活用】甘酒コチュジャン
【材料】
●甘酒
●一味唐辛子(唐辛子の粉末)
●味噌
分量は適当ですが、下の割合で
甘酒を多めにして後から唐辛子や味噌で調整するのがよいかと思います。
甘酒3:唐辛子1:味噌1



手順1


甘酒に唐辛子を混ぜていきます。
そして、しっかりと混ぜていきます。


手順2


次に味噌を投下。
ここもしっかりと混ぜます。

これで完成!笑
材料混ぜるだけです。はい。


完成!
すぐに食べてもよいですし、
一日寝かせても味がなじんで唐辛子感がマイルドになる気がします。

私は瓶に入れて保存を!


これは、キムチ鍋のベースにしてもよいです!
鍋のもとにする場合、もしコクがほしいな~ってなったら
直接味噌を足してもよいかもです!

また、生キャベツにつけて食べてもおいしいです★



【塩こうじ活用】ネギと塩こうじタレ
【材料】
●長ネギの白い部分
●塩こうじ
●ブラックペッパー(できればミルで引くやつ。そのほうが香りが立つので)
●ゴマ油(炒め用)
分量は適当ですが、塩こうじが意外としょっぱいのお好みで微調整してください。

手順1
長ネギを5mm程度に斜め切りします。
そしてそれをゴマ油でしんなりするまで炒めていきます。
炒めていると目が沁みていきますので、
それがなくなって、鼻にツンとくる感じがなくなればOKです。


手順2
炒めた後は冷ましておきます。
多少ぬるい位でも◎
冷めたら、塩こうじを混ぜていきます。
再度塩こうじの分量に触れますが、
ネギの甘さを味わいたい場合は少なめ、
しょっぱさを感じたいときは多めでよいと思います◎


完成!
これもあっという間に完成です!

私は早速、、、『オン・ザ・ライス!!』
ごはんに乗せたら、ブラックペッパーを振りかけるのがポイント!!
麹とねぎの甘さが引き立ちます!

このネギタレは、蒸し鶏などの肉系に乗せてもおいしいかと!
その際も、ブラックペッパーはあとがけする事で
香りが立つのと見た目のおしゃれ感もUPします!




どちらも、材料があれば手軽にできるのでぜひお試しください!
発酵食品は頑張らなくても十分にうまみが詰まっている魔法の食材!
しかも栄養満点◎

まさに、THE 現代人の味方なのですよ~!

また、おいしい食べ方を見つけたらご紹介しますね~(^^)


  • タレ
  • 今日は菌曜日
  • 健康
  • 塩こうじ
  • 甘酒
  • 発酵
  • 簡単レシピ

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103

記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

4+

この記事を書いた人Who wrote this blog

Yokota Nana

発酵と山をこよなく愛する自然派コーダー。#ていねいな暮らしと仕事 をします。

無料見積

まずは無料でお見積もりを作成いたします。
お気軽にお問い合わせください。

無料見積もり

お問合せ先

クリックで
事務所一覧が
開きます

tel.0120-622835

営業時間/9:00〜18:00 
定休日/土日祝日

Copyright © 2020 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.