株式会社アプリコットデザイン株式会社アプリコットデザイン

tel.0120-622-835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日

  • instagram
  • facebook

BLOGスタッフブログ

トップページ > ブログ > 便利な「フリー素材」の思わぬ落とし穴。

便利な「フリー素材」の思わぬ落とし穴。

UPDATE : 2022.09.28

CATEGORY :
Aruga
Aruga

Aruga

秋は「駅伝」の季節です。
今年はどんなドラマが待っているのか
ワクワクが止まらないあるがです。

以前、こんなブログを書きました。
「フリー素材は便利だけれど・・・」
フリー素材は便利だけれど・・・


フリー素材は「フリー」であるが故に、
日本中であらゆる人があらゆるものに使っています。
そのせいで、素材が被ってしまうこともしばしば。
(わたしは、町中で見覚えのあるフリー素材のモデルさんやイラストを見かけると「いつもお世話になっています」と密かに感謝しています)

そんな「フリー素材」ですが、
基本的にはとても便利で、広告販促のみならず、
各方面で大活躍する存在です。

わたしも毎日のようにお世話になっているのですが、
最近、「利用規約」に引っかかるのでは!?
という場面に出くわしました。

そうなんです。
フリー素材とはいえ、それぞれのサービスごとに
立派な「利用規約」があるのです。

フリー素材は、「商用OK」とされているものが多く、
チラシやDM、ホームページやバナーなど、
クレジット(○○サイトの素材だよ!と明記すること)をつけることなく
使用できるものが多々あります。

すると、なんでも使ってOKな気がしてしまうのですが、
「フリー素材」にもさまざまな権利があり、
事と次第によっては使用NGな場合がいくつもあります。

たとえば、
「フリー素材をもとに作ったグッズを販売する」なんて使用例は、
多くのサービスでNGなのではないでしょうか?

サービスを提供している企業ごとに「利用規約」は異なるので、
フリー素材を使う前に、一度チェックすると安心です^^



この記事を書いた人Who wrote this blog

Aruga Shizu

コツコツと着実な一歩を。
デザイナー兼任ライター

RELATED POST関連する記事

CONTACTお問い合わせ

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 
定休日/土日祝日

  • 信州ファームデザイン
  • 信州ファームマーケット
  • 株式会社POCKET
  • 株式会社Think for Design