お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

CSSのネタ帳~夢の文字詰め編~

UPDATE : 2017.06.06

CATEGORY : Sato Tomoe

こんにちは、佐藤です。
今回はCSSで文字詰めが出来る夢のプロパティ「font-feature-settings」をお試ししてみます。
font-feature-settingsはOpen Typeフォントの機能を制御するプロパティです。

結果はこちら。
CSSで文字詰めサンプル
もう、見るからに文字が詰まってますね!
上のベタ組みテキストは約物のアキがとても気になりますね。(。」のあたりが特に)
今までであれば、詰めたい箇所を<span>で囲ってひとつひとつletter-spacing(字間)で整えていく、というやり方をしなくてはならなかったものが、font-feature-settingで”palt”のキーワードを指定することでフォントデータに組み込まれているプロポーショナルメトリクス情報を元に、自動的に文字詰めをしてくれるのです。

font-feature-settingsを使うには、「Open Type」かつ「プロポーショナルメトリクス情報を持っている」フォントである必要があります。
上のサンプルで使用した「游ゴシック」や、「ヒラギノ角ゴ、明朝」、無料の素敵フォント「Noto Sans CJK JP」などで使用することが出来るのですが、
web制作において大変お世話になっている「メイリオ」には使うことは出来ません。
「メイリオ」はOpen Typeフォントなのですがプロポーショナルメトリクス情報が含まれいないそう・・・

さて、font-feature-settingsで、web上でも夢の文字詰めを実装することが出来た!のですが、
実際このツメ組みがこのままwebサイトの本文全体に使用されていたらどうでしょう?
かなり窮屈で読みづらいwebサイトになりそうですね。
読みやすくするためにはfont-feature-settingsで約物を詰めつつ、letter-spacingで全体の文字間を調節、という感じになるでしょうか。
見出しの短い文章などでは効果的に使えるかもしれません。

今回お試しした”palt”プロポーショナルメトリクスのキーワード以外にも、”halt”字幅半角メトリクス、”pkna”プロポーショナルかな、などなどのOpen Typeの機能を使うことができるようなので、いろいろ試してみようと思います。


参照:Adobe Typekit CSSでのOpenType機能の構文
https://helpx.adobe.com/jp/typekit/using/open-type-syntax.html

    営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

    [長野オフィス-本社-]
    〒381-2246
    長野県長野市丹波島1-805

    [東京ブランチ]
    〒100-0004
    東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

    [松本ブランチ]
    〒390-0851
    長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

    [金沢ベース]
    〒920-0831
    石川県金沢市東山1丁目10-1 103

    記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

    0

    この記事を書いた人Who wrote this blog

    Sato Tomoe

    核心をツク鋭い感性を持つ、デザイナー系WEBエンジニア

    無料見積

    まずは無料でお見積もりを作成いたします。
    お気軽にお問い合わせください。

    無料見積もり

    お問合せ先

    クリックで
    事務所一覧が
    開きます

    tel.0120-622835

    営業時間/9:00〜18:00 
    定休日/土日祝日

    Copyright © 2021 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.