株式会社アプリコットデザイン株式会社アプリコットデザイン

tel.0120-622-835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日

  • instagram
  • facebook

BLOGスタッフブログ

トップページ > ブログ > ”ファン”と「憧れ」は似ていて非なるもの

”ファン”と「憧れ」は似ていて非なるもの

UPDATE : 2022.06.20

CATEGORY :
Umehara
Umehara

Umehara


どうも!こんにちは。
デザイナーのウメです。

先週の金曜日、東京ブランチで何やら熱めのディスカッションがありました。

お題は、「ファンとは何者なのか?」です。

他にもいろいろなことを話し合いましたが、中でも印象に残った一部分の会話をブログで綴(つづ)ります。


ファンとは…?


<ハギワラさん>
ファンっている?

<ウメ>
います。
グラフィックデザイナーの〇〇〇〇さんです。

<ハギワラさん>
その人の何が好きなの?

<ウメ>
〇〇なデザインが好きです!

<ハギワラさん>
ほぉ〜、
もしその人がそれ作るのやめたらファンじゃなくなっちゃう?

<ウメ>
あっ、そうなるかもしれません…

<ハギワラさん>
なるほど、
それはもしかしたら”ファン”じゃなくて、「憧れ」かもしれないね。

<ウメ>
「憧れ」…

<ハギワラさん>
ファンって、「愛着」「応援」「共感」の3つから成り立ってると思うんだよ。

<ウメ>
ほぉぉ…!?

<ハギワラさん>
「憧れ」も大事なのどけど、ファンになるための入り口がそれに当たるんだよ。

<ウメ>
ほぉぉ〜。
言われてみれば確かにそうかもしれないです…

<ハギワラさん>
「愛着」は、
思い出とか自分にとってオンリーワンな気持ちからくるもの。
「応援」は、例えば
その人が「こういう社会実現したい!」と明言していたとして
「自分もそう思います!」みたいな等しい意志、理想からくるもの。
「共感」は、
言葉通りその人の日常に共感する気持ちだよね。
例えば、普段の会話やSNSの投稿が自分の日常と近いものだったりすると
共感持てたりするよね。

<ウメ>
なるほどぉ!奥ふか〜〜いですね。
これらの3つを意識した”ファン”づくりが重要ということですね。
そして、「憧れ」は”ファン”になるためのきっかけということですね

<ハギワラさん>
そういうこと!
「憧れ」をブログで例えるならば、知識系の発信がそれに繋がるよね。
ペルソナ(伝えたい人)への情報発信は、その感情を抱かせるポイントになるよね。

<ウメ>
ふむふむ…
わかりやすいです!
そこから「愛着」へと変わっていき、
徐々に”ファン”になっていくということですね。納得です。


・・・


と、このように”ファン”と「憧れ」について語り合う東京ブランチなのでした。

<補足>
ハギワラさんは、パートナー会社POCKETに所属している超(スーパー)ブランドディレクターです。
東京事務所はアプリコットデザインと共有しているため、頻繁に話し合いをしたりします。

この記事を書いた人Who wrote this blog

Umehara Taichi

デザインを通して、「お客様の良さ」を
「お客様と一緒に」全力で伝える。

RELATED POST関連する記事

CONTACTお問い合わせ

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 
定休日/土日祝日

  • 信州ファームデザイン
  • 信州ファームマーケット
  • 株式会社POCKET
  • 株式会社Think for Design