お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

ブルーベリーの挿し木にチャレンジ!

UPDATE : 2021.03.16

CATEGORY : Tsukiyama Jun

こんにちは!デザイナーのツキヤマです!

我が家の庭にはハイブッシュ系ブルーベリーの5年生が2本ありますが、
昨年はブルーベリーの実を子どもたちがあっという間に食い尽くしてしまい、まったく足りませんでした。

苗を追加購入するのは簡単ですが、
あえて今回は果樹農家さんの真似事をしてみることにしました!

それは、
挿し木(さしき)です!!

ブルーベリーの親株から枝を切り取り、
それを土に挿すと、
新しい木の苗として育てることができるんです。

今年はその挿し木でブルーベリー苗の大量生産にチャレンジします!


ツキヤマが行った挿し木方法はこちら!文献にない手法も交えてます笑

まずは枯れていない剪定枝を親株から選びます。

先端付近にできた他よりぷっくりとした芽は「花芽」です。これが花となり実をつけます。
ですがこの花芽は使いません!

剪定した枝を各10センチくらいの長さに切ります。間にある小さな芽「葉芽」から芽吹かせます。
土に埋める断面をくさび状に切ります。表面積を広げてたくさん水分を吸えるようにするのと、露出する形成層を広げて根がたくさん出るようにするためです。

その断面をメネデール(鉄イオンを主体にした液体活力素。発根促進する。)の100倍希釈溶液に1時間ほど漬け、
水気を切った後、ルートン(粉末状の発根促進剤)を断面に付着させます。
メネデールもルートンも農薬ではないので安心です!※ホームセンターで簡単に手に入ります!

あとは湿らせた赤玉土(小粒)に1/3ほど優しく挿せば完了です。
土が乾かないようにし、屋内の日の当たらないところで管理します。

そして2週間が経ち・・・

1本から新葉が出てきました!
他の葉芽もすこし青くなってきました!期待大!
自分で育てる植物は、本当に愛おしいですね。

実は、挿し木以外にも種を使わない増殖方法がたくさんあります。
接ぎ木・取り木・株分けなどなど・・・次は何にチャレンジしようかな。

ちなみに、挿し木の苗から実を食べられるようになるのは3年後!
長いですが、我慢です!笑

ツキヤマ、これからも園芸を楽しんでいきますー!!

  • ブルーベリー
  • 園芸
  • 農業

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103

記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

この記事を書いた人Who wrote this blog

Tsukiyama Jun

感性豊かな心躍るデザイナー兼ディレクター。男性的なデザインが得意。

無料見積

まずは無料でお見積もりを作成いたします。
お気軽にお問い合わせください。

無料見積もり

お問合せ先

クリックで
事務所一覧が
開きます

tel.0120-622835

営業時間/9:00〜18:00 
定休日/土日祝日

Copyright © 2021 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.