お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

何年経っても、いいモノはいい。

UPDATE : 2021.03.01

CATEGORY : Wakashima Megumi

今でこそwebデザインも少々かじっておりますが

私のデザイナー人生は「本」から始まりました。


東京は印刷のメッカにあった雑誌・書籍のデザイン会社には
10年間勤務しました。

特に本が大好きだった訳ではないけれど、その会社に導かれ
どちらかと言うと読む物というより、完成された一つの製品として
いつしか本が大好きになっていました。


中でも特に大好きな出版社があり
(よく聞かれますが、デザイン会社と出版社は別モノです。)


デザインの参考に、またコレクターとして
まったく興味のない内容であったとしても
その出版社だからという理由だけで購入しては
隅々まで眺めて家の本棚に並べてウットリしていました。
(引越しのたびに増えてく本たちを持っていくので段ボールが重い重い。)





東京ビックサイトで行われていた国際ブックフェアには毎年足を運び
必ず最後にその出版社のブースに訪れ
本屋さんでは置いていないレア本を何冊か買って帰るのが定番になっていました。



 デザインが好き。

 ちょっとユルっとした余白のある雰囲気が好き。

 どの本も内容は全然違うのに、どこか統一された空気感が好き。

 こうなってくると社名のロゴすら好き。



本屋さんに行った時もずらっと並んだ本の中から
瞬時にその出版社の「ロゴ」を目に入れるのが得意でした。


そんな大好きだった出版社が


…………先日、倒産しました。






新型コロナウィルス関連による倒産のようです。


衝撃でした。


その出版社が出す本にはいつも
風通しの良い「余裕」を感じられる雰囲気が漂っていたので

もちろんそれとこれとは関係ないのですが
あまりにその本の雰囲気と「倒産」の現実が結びつかず

字面は目に入って来てるのに
状況を理解できるまでにはしばらく時間がかかりました。


余裕なんてなかったんだな。。。


だけど私は知っています。

ユルっと余裕のある雰囲気は
ほんとにユルい環境下では作り出せないということを。

緻密な計算と、高い技量と、想像を遥かに超える労力が必要だということを。

優雅に見せるためには水面下で必死でもがかないといけないことを。

(↑今年はもう北帰行した安曇野の白鳥さん。)


その出版社だけじゃなく
人気のある週刊誌ですら発売延期になる事態を引き起こしている昨今。



現に私も
パソコンにはお気に入りやブックマークされたwebサイトが日に日に増えていくのに

ここ数ヶ月、本棚の本は増えないまま。
というより最後の引っ越しから段ボールから出ていない本すらあります。


だけど、何年経ってもいいモノはいい。

webサイトだと5年前…いや1年前のデザインでも
「古っ!」という印象を受けるものもありますが

いい本には、いつ見ても色褪せない良さがあるから不思議です。


久々にダンボールを開け
またあのロゴが付いた本を隅から隅まで見返そうと思ったのでした。




  • やっぱり本が好き。

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103

記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

この記事を書いた人Who wrote this blog

Wakashima Megumi

子育てと仕事を両立するハイパワー主婦デザイナー。一言で表すと四角形デザイナー。

無料見積

まずは無料でお見積もりを作成いたします。
お気軽にお問い合わせください。

無料見積もり

お問合せ先

クリックで
事務所一覧が
開きます

tel.0120-622835

営業時間/9:00〜18:00 
定休日/土日祝日

Copyright © 2021 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.