お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

雪が溶けたら何になる?

UPDATE : 2017.06.15

アプリコットデザインのブログ

「雪が溶けたら何になる?」

この質問に対してみなさんはどのような回答を思い浮かべますでしょうか。

私はつい最近ネットサーフィンしていたところ、とある記事にたどりつき、この問いかけを見つけました。雪が溶けたら何になる?という問いかけに私は「水でしょ」と回答しました。

これが一体何の質問かというと、どうやら答え次第で自分が文系か理系かがわかるらしいのです。

理系は雪が溶けたら「水」と答えるらしいのですが、文系は「春」と答えるとのことです。

「春?すごい想像力だなw」と思ったのですが 実は「雪が溶けたら春になる」という回答は全くおかしくなく、文法や日本語的には適切なのです。なぜかというと、問いかけの「雪が溶けたら何になる?」の文章の主語は雪ではないからなのです。主語がなく、『何が、何になる』という風に「Aという状態がBという状態に変化する」といった意味に捉えることができるのです。

要するに文系・理系うんぬんというよりは質問の仕方が悪いのです。

「雪は溶けたら何になる?」

この質問であれば主語は雪であるため「春」という答えが成り立たなくなり、「水」という答えが成り立ちます。

ちなみに英語であれば、「雪が(は)溶けたら何なる」→「What does snow change into, after melting?」といったように明確に雪が溶けて何に変化するか、といった質問になります。
要するに日本語って曖昧な言語なのですよ。曖昧ゆえに想像力を掻き立たせられるという意味で美しいとされ、そして誤解を生みやすいのです。

 

自分が質問した結果で知りたかった情報と全く違う答えが返ってきたとしたら、
その時は質問の仕方にも問題があった可能性があるかもしれない…

私は人に何かを話す時には、誤解を招かないように主語ははっきりわかりやすく、そして適切な助詞と助動詞を使いこなせる様に気をつけようと思った今日この頃でした。

    営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

    [長野オフィス-本社-]
    〒381-2246
    長野県長野市丹波島1-805

    [東京ブランチ]
    〒100-0004
    東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

    [松本ブランチ]
    〒390-0851
    長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

    [金沢ベース]
    〒920-0831
    石川県金沢市東山1丁目10-1 103

    記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

    0

    無料見積

    まずは無料でお見積もりを作成いたします。
    お気軽にお問い合わせください。

    無料見積もり

    お問合せ先

    クリックで
    事務所一覧が
    開きます

    tel.0120-622835

    営業時間/9:00〜18:00 
    定休日/土日祝日

    Copyright © 2021 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.