お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

鏡の中に神様発見。

UPDATE : 2017.01.13

アプリコットデザインのブログ

一昨日は鏡開きの日でしたね。
我が家でも、年末にスーパーで買った小さなパック詰めの鏡餅をお供えしていました。

いざ1/11の鏡開き本番を迎え、どうやって食べようか調べていたところ
「鏡開きのお餅を包丁などの刃物を使って切り分けることは
神様に失礼に当たったり、切腹を連想させるのでNG」とのこと。
木槌もないし、叩き割れるほど乾燥させてもいないし…

…神様にごめんなさい。
無事美味しいおしるこに調理していただきました。

7ccccc4b4ca3948af8250cc1201342d5_m
さて、同じ「鏡開き」という言葉、結婚式でも聞いたことはありませんか?
そうです、日本酒の樽を新郎新婦様が木槌で開くアレです。

でも、餅もお酒も“鏡”ではないのに何故「鏡開き」と言うのでしょうか。

『鏡』は古来から宝物の象徴として用いられていたそうで、
鏡餅や酒樽はその丸い形や映り込む様子などから鏡に例えらたという説があります。

家にある鏡は全部長方形ですけど?
ここで言う鏡とは神棚や、神社の祭壇にある丸い鏡のことです。

e07954b0e29fba2431fa6cfec4171c3f_s
私は、この鏡の奥深さを知ってから、お参りする際には必ず鏡を見ることにしています。

鏡を覗き込むと映るのは他の誰でもなく『自分自身』=『自分自神』です。
神様にお願い事をしていると思っていましたがその神様とは自分自身のこと。
自分の努力なしで突拍子もないお願い事をしても叶わないのです。
どうりで痩せないわけだ…。

今まで無事に過ごせたことに感謝し、これから自分が頑張って叶えることを宣言し
神様に見守って貰う。
自分自神に向かっての決意表明です。

鏡開きは無病息災を願って行われる行事ですが、
それも自分の努力あってこそ。

結婚式で誓う永遠の愛も、
二人の努力あってこそ。

何事も神頼みだけではダメなのですね。

  • wakashima

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103

記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

1+

無料見積

まずは無料でお見積もりを作成いたします。
お気軽にお問い合わせください。

無料見積もり

お問合せ先

クリックで
事務所一覧が
開きます

tel.0120-622835

営業時間/9:00〜18:00 
定休日/土日祝日

Copyright © 2021 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.