お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

白のままではダメ? お色直しをする意味

UPDATE : 2017.02.08

CATEGORY : Wakashima Megumi

こんにちは、ワカです。
今日は結婚式の衣裳のお話をしたいと思います。
結婚式の衣裳と言っても女性はウエディングドレス、カラードレス、和装などなど
いろんな種類があるのですが今日は和装についてです。
結婚式の新婦様が着る和装には『白無垢』『色打掛』『引き振袖』等の種類があります。
基本的には着たいシーンで着たい衣裳を選べばいいのですが、
本当の意味を知ると衣裳選びも少し変わるかも。

『白無垢』はその名の通り真っ白で(最近では色が入っているものもありますが)
『色打掛』や『引き振袖』よりも格上とされています。

白は神聖な色。純粋で無垢、また死を連想する色でもあります。
それとは対照的に『色打掛』や『引き振袖』で用いられる赤は生命の色。血液の象徴。
白無垢から色打掛を着ることは
自分が生まれた家の娘から生まれ変わり、嫁ぎ先の新しい家で蘇るという
花嫁の結婚に対する決死の覚悟の色なのです。
ウエディングドレスからカラードレスを着ることも一緒ですね。

お色直しはいろんな衣裳を着た自分を見てもらいたいから!
というものではなく、ちゃんと古来からの意味があるものなのです。
本来の意味を知ると、選ぶ衣裳も変わってくるかもしれませんね。

a0790_001219

    営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

    [長野オフィス-本社-]
    〒381-2246
    長野県長野市丹波島1-805

    [東京ブランチ]
    〒100-0004
    東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

    [松本ブランチ]
    〒390-0851
    長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

    [金沢ベース]
    〒920-0831
    石川県金沢市東山1丁目10-1 103

    記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

    0

    この記事を書いた人Who wrote this blog

    Wakashima Megumi

    子育てと仕事を両立するハイパワー主婦デザイナー。一言で表すと四角形デザイナー。

    無料見積

    まずは無料でお見積もりを作成いたします。
    お気軽にお問い合わせください。

    無料見積もり

    お問合せ先

    クリックで
    事務所一覧が
    開きます

    tel.0120-622835

    営業時間/9:00〜18:00 
    定休日/土日祝日

    Copyright © 2020 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.