STAFF BLOGYOKOTA NANA/スタッフブログ

2018.11.16

日本酒ラベル考察

Yokota Nana

0

こんにちは!
日本酒が大好きな松本ブランチ・コーダーのハチです!
最近は熱燗のつけ方を熱燗の専門家の方から伝授していただき、家で熱燗を楽しんでいます!
温度体によって日本酒の風味が変化していく様子に、なんだか自分が科学者になったような気持ちになってつい研究してしまいます。
っと、おっと、、、このままでは熱燗について語るだけのブログになってしまうので本題に。笑
私が日本酒が好きな理由は様々あります。
米と水しか使っていないのに、味に変化があるところ。
蔵人さんの職人芸がかっこいいところ。
地域に個性がでるところ。
そして、ラベルのデザインが銘柄ごとに個性があって、見ているだけでわくわくしちゃうところ!!!
そう、皆さんもお気づきのとおり最近の日本酒ラベルってデザインに幅があるんです!
ということで、私が飲んだ日本酒のラベルで、たまたま写真にのこっていたものの中から印象的で面白いな…!
と思ったものを紹介します。(写真のブレぐらいで私の酔っ払い度も伝わってくるかと。笑)
■これは富山駅のとある飲食店さんの前にあった富山の地酒ラベルコレクションです。
ラベルが並んでいるだけでアート感がでる
■カップ酒(180ml)地酒タワー。
骨太・男らしさが伝わりますね。その中にある『あたごのまつ』がデザインは味を想像すると優等生そうなイメージ。清楚。
■第一印象がすごいです!ついパッケージから入ってしまう。引き付けられます。
しかし、うまい。外見から入って中身もいいとか、最高です。
■これは夏酒なので、寒色系でさわやかなイメージ。
■白ワインのようなラベル。モダン。
■これは熟成酒なのでクラシックなイメージ
■和紙のラベル。以前何かで見たのですが、和紙は機械でやるとうまくはれないので人力で一本づつはっていると書いてありました。
手間がかかっていてよりいとおしくなります。
ここからピンク色のラベル特集ーーーー!!!
■某有名劇団さんを思い出します。タイトルのつけ方が秀逸。
■パンダ祭りのごとく、パンダがいっぱい!かわいい!
■これは本当にりんごの風味がする日本酒です。長野のお酒。りんごの木のモチーフです。
■日本酒のラベルって意外と生き物モチーフが多いです。女性らしい丸み感が想像されます。
すいません、興奮のあまり一気に紹介しすぎてしまいました(汗)
これは本当に一例で全国いや世界にはもっとたくさんの日本酒ラベルがあります。
そして、日本酒ラベルを見ていて思うのは、
日本酒の世界もデザインを通してブランディングを行い、
銘柄1本1本の魅力を伝えることが大事なのだなと!!
日本酒には他のアルコールにはない、味わいの幅広さがあります。
その味わい、その味を作るための蔵のこだわり、もちろん飲んで知っていただくことは重要。
ただ、日本酒ってアルコール度数も高いのでそんなに沢山飲めないんですよ…。。泣
(しかも飲み会の最後の方に飲んだお酒は酔っていて覚えていない。笑)
だから、そんなに沢山飲めない日本酒に対して、
選ばれしものになり、飲むに至るきっかけのひとつになりうるのが『日本酒ラベル』。
そして飲食店であれば、そのラベルを眺めてそのお酒を飲むのもまたたのしいですよね…♪
そんな大切なラベル、、いつかアプリコットデザインでもお手伝いさせていただける日がくると良いなと思います…!

記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)
0

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103

この記事を書いた人Who is writen blog

Yokota Nana / Web Designer

中南信地区のホームページ制作は私が担当させていただきます!アウトドアと日本酒が大好きなのと、常にワクワクする楽しそうなことにアンテナを張り巡らせています(^^)