株式会社アプリコットデザイン株式会社アプリコットデザイン

tel.0120-622-835

営業時間/9:00〜18:00 定休日/土日祝日

tel.0120-622835

営業時間/9:00〜18:00 定休日/土日祝日

  • instagram
  • facebook

BLOGスタッフブログ

トップページ > ブログ > “新しさ”は組み合わせ。

“新しさ”は組み合わせ。

UPDATE : 2021.06.02

CATEGORY :
Aruga
Aruga

Aruga

今年も梅の季節がやってまいりました。
例年通り、梅1kg+氷砂糖1kg+酒1.8ℓを漬け込みました。
いつもはホワイトリカーを使うのですが、
今年はブランデーにしました。
ホワイトリカーよりコクのある仕上がりになるそうです^^
(コクってなんだ……?)

梅酒を漬けるときは、梅→氷砂糖→梅→氷砂糖……と層状に瓶詰めしていくのですが、
お酒を注ぐと、あっという間にこうなります。↓↓↓↓↓↓
交互に並べる意味あるんだろうか、、、(*´-`)?

毎年、大瓶で大量に漬け込むのですが、
たまには違うことをしたいなー、と思ったら素敵なお店を発見しました!

梅体験専門店「蝶矢」 好みの梅と砂糖を選んで、自分だけのオリジナル梅酒が作れるキットを販売しているお店です。
鎌倉と京都にある実店舗では、何やら美味しいものも食せる様子。
行きたい!!
こちらのお店、梅と砂糖をお好みで選べるのはもちろんステキなのですが、
何より見た目がかわいい!! ガラスの円柱の中に”梅とこんぺい糖”なんて、かわいいに決まっています!!!!!!!!!!!!!!!
しかも、コンパクトサイズなところもうれしい◎
サイズが小さいので(Lサイズでお酒240ml必要)、
いろいろ試して漬けることができます。
早速2つ注文したので、週末には漬ける予定です( ^ω^ )!

ちなみにわたしが選んだのは
「完熟南高梅×こんぺい糖×ウォッカ」と
「鶯宿×こんぺい糖×ウォッカ」です。

大瓶は半年ほど経たないと飲めないのですが、
蝶矢さんのキットは、1ヶ月程度で完成するそうです。
楽しみ!!!

自家製梅酒は、ずっと昔から存在していましたが、
一度漬けたら床下なり冷暗所に放置しておくものでした。
仕上がりは楽しみだけど、仕上がるまでほとんど気にしない。
そんな存在の自家製梅酒でしたが、今回新しい梅酒キットを知って、
漬けた時だけじゃなく、梅酒が育っていく過程も楽しんで!と
教えてもらったような気がします(*´-`)

いつも使っているもの。習慣にしていること。
誰も特別だと感じないもの。当たり前の毎日。
そんな日々の中には、ほんの少し組み合わせを変えただけで
見違えるような楽しみが生まれるのだと思いました。

楽しく暮らすヒントは、いつも身近にあるものですね。



この記事を書いた人Who wrote this blog

Aruga Shizu

コツコツと着実な一歩を
ライター兼グラフィック&WEBデザイナー

RELATED POST関連する記事

CONTACTお問い合わせ

tel.0120-622835

営業時間/9:00〜18:00 
定休日/土日祝日

  • 信州ファームデザイン
  • 信州ファームマーケット
  • 株式会社POCKET