お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

思い出の山菜の味

UPDATE : 2021.07.02

CATEGORY : Yokota Nana

こんにちは!
まつもとのはちです!

最近コーディングする際のエディターを
BracketsからVisual Studio Codeへ移行したのですが、
まだ使い慣れなくて腕の変な場所に乳酸がたまっている気がするな~と感じるこの頃です。


さて、私は富山の山間地域で育ったので
昔からなんとな~く山菜を食べていたような気がします。
小学生の時は、地元の山へ家族と入る山間学校?のようなものもあり、
そこでは山に関する色々を学んだような気がする…のですが、
その時も「山の食べれる草」のことを学んだ気がします。

そんなこんなで、昔から山菜には親しみがあったのですが、
強く記憶にのこっている山菜があります。



こちらです。

みず(イラクサ科ウワバミソウ属)
地方によってその呼び名は様々で、富山では“よしな”と呼んでいました。
他にも“あかみず“、“たきな“、“みず“、“みずな“などあるそうです。
全国的に採れる山菜です。



長野県に移住するまでは、富山の学生時代まで食べていた以来ご無沙汰していたのですが、
登山や釣りで山へはいるようになってからはよく生息地に出くわすので
この時期くらいになってくると食べる機会も増えてきました。




綺麗な沢があるじめじめした場所に群生しています。

上の写真にもあるとおり、みずは葉っぱの形が特徴的なので、
一度見分けることができれば、そのあとも見つけやすくなるかと思います。




葉っぱをとって茎をいただきます。
触感は粘り気があり、味は山菜にしてはえぐみも少なくさっぱりしたイメージ。

みずを長野に来てから初めて食べた千葉生まれのDは
『なんとなくセロリみたいだね!』とのこと。

わたしはあまり共感できなかったのですが、
草らしい、大地の味がします。



採ったみずを醤油漬けにしてみました。

この他にも塩昆布と和える浅漬けや、
炒め物、みそ汁の具などにもできるらしいです。

私の好きな映画『リトルフォレスト』では
“みずとろろ”なるものを作っていて、
それがもうめちゃめちゃ美味しそうでしたので
作るのに手間は少しかかりそうですがチャレンジしてみたいとおもっています(^^)


みなさまも山へ出かけた際は、道沿いなど見てみてくださいね(^^)!
(熊にはくれぐれもお気を付けて!)


  • 山菜採り

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103

記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

この記事を書いた人Who wrote this blog

Yokota Nana

発酵と山をこよなく愛する自然派コーダー。#ていねいな暮らしと仕事 をします。

無料見積

まずは無料でお見積もりを作成いたします。
お気軽にお問い合わせください。

無料見積もり

お問合せ先

クリックで
事務所一覧が
開きます

tel.0120-622835

営業時間/9:00〜18:00 
定休日/土日祝日

Copyright © 2021 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.