STAFF BLOGWAKASHIMA MEGUMI/スタッフブログ

2019.06.10

失恋ソングのペルソナを考えてみた。

Wakashima Megumi

0

“君がいないと 何にもできないわけじゃないと
ヤカンを火にかけたけど 紅茶のありかがわからない”
きっと一度は耳にしたことがあるであろうこのフレーズ。
こちらは1992年に発売された槇原敬之さんの5枚目のシングル
『もう恋なんてしない』の冒頭の歌詞の引用です。
マッキーの歌はいつも歌詞の描写がうますぎて
情景が手に取るように見えてきます。
何度聞いても、何年経っても涙なしでは聞けない名曲です。
そう思ったのが私だけではないから大ヒットしたんでしょうね。
それだけ多くの人の心を打った歌なんだと思います。
ラブソングって私のために作って頂いた訳じゃないのに
なんで私の心に、そして世の中の多くの人の心に刺さるのかと
不思議に思ったことはありませんか?
失恋なんぞした時には
「これ私の歌だ。」なんて勝手に主人公ドロボーしてみたり。
………
たとえばマッキーはこの歌を書いた時に
どんな人をペルソナ(ターゲット)に設定していたのでしょうか。
・最近 同棲していた彼女と別れた30代前半の男性?
・俺様系でプライドが高いけど実は一途で彼女が大好きな男性?
・やかんのありかは分かるけど紅茶のありかは分からないおっちょこちょいな男性?
誰か一人に向けて書いていたとしても、そうじゃなくっても
結果的には幅広い年齢層の男女の心を打つ作品となりました。
「こういう状況になったことはないけどさ、
 もし私がいなくなったらお父さんも紅茶探せないんだろうな
 ってこの歌聞くとちょっと切なくなるわー。」
と60代の母にまで刺さっていて衝撃を受けました。
こんなに具体的な描写で、
共感する人の範囲が狭まるかと思われる状況の歌詞なのに
それが物凄く多くの人の共感を得るのって本当にすごい。
やっぱりペルソナは細かく設定すればするほど
より効果的に人の心に訴えることができるのだと
マッキーの失恋ソングを通して学びました。
人の心の動きってとても面白い。
でも法則は必ずある。
会社でのブランディングミーティング以降、
ペルソナを考えるブームのワカシマでした。

記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)
0

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103

この記事を書いた人Who is writen blog

Wakashima Megumi / Designer

元ウエディングプランナーのデザイナーです。分かりやすく伝わるデザインを心がけています。