STAFF BLOGARUGA SHIZU/スタッフブログ

2018.07.26

夏と温度と生産性

Aruga Shizu

0

もうこんな言葉聞き飽きていますが、
最近、本当に暑いですよね。
ニュースでも連日騒がれ続けている“危険な暑さ”
 
オフィスでの室温が何度なのか気にしていますか?
部屋の実際の室温は、エアコンの温度設定とは異なります。
人間が生活するのに適してる温度は25°C前後と言われています。
(夏は25〜28°C、冬は18〜22°C、らしい、湿度にもよる)
今や長野県でも40°C近い気温の場所があったりと、
もう昼間はエアコンがなくてはならない生活になっています。
25°Cといっても、あくまで平均的な過ごしやすい気温であって、
職場、レジャー、様々なシーンで適温は変わって来ます。
 
そのなかで、仕事場に最も適してる室温は21〜25°Cあたり。
クリエイティブな発想を求められる職業の人、私たちデザイナーは少し高めに、(25°Cくらい)
脳の回転や作業スピードを求められる人、コーダーさんなどは、少し低めがいいのだそう。(21°Cくらい)
しかし、27度以上だと、計算や脳の回転に支障が生じるらしいです
脳の回転が遅くなる、、、つまり生産性がダウンするということ。
クールビズや節電などでエアコンの設定温度は28°Cにしましょうなんて話もあります。
でも外が40°C近い中、その設定温度だと実際の室温は28°Cなんてものじゃないでしょう。
生産性と電気代、、、天秤にかけるには難しい話ですが
頭を使って一日中パソコンと向き合ってると、暑さには参ってしまいます。
実際室温が何度なのか、温度計を置いて一度環境を考え直すのもいいかもしれません。
 
機械で空間の温度をコントロールできる時代、
その時々に適した温度でうまくこの夏を乗り切りたいですね。
 
 

記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)
0

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103

この記事を書いた人Who is writen blog

Aruga Shizu / Designer & Director

スポーツと日本語をこよなく愛するアラフォーのくまです( ^ω^ )/

長年東北地方で暮らし、やっとこ長野県へ帰還。
広告代理店でのデザイナーを経て、
ディレクションやライディングにも
手を伸ばしつつある今日この頃◎