株式会社アプリコットデザイン株式会社アプリコットデザイン

tel.0120-622-835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 定休日/土日祝日

  • instagram
  • facebook

BLOGスタッフブログ

トップページ > ブログ > 医療発展へ繋ぐ”献体”の実情

医療発展へ繋ぐ”献体”の実情

UPDATE : 2022.03.25

CATEGORY :
Umehara
Umehara

Umehara


こんにちは。ウメです。

さて、今回は珍しく、
僕が担当したお仕事に触れて書こうと思います。

先月、千葉大学 大学院医学研究院さまから
”献体のご協力者”を募集するための3つ折りリーフレットのお仕事をいただきました。
▽(実績はこちら)

千葉大学 大学院医学研究院



将来の医療へ繋がる大切なことのため、
デザイナーとしてではなく、いち個人として非常に考えさせられるお仕事でした。

ここで一つ、みなさまにお聞きしたいことがございます。


”献体”と聞いて。


”献体”と聞いて、どういう印象をお持ちになりますか…?

医療技術向上のために大切なこと…
生涯を国のため少しでも役立てたられる…
病気で苦しんでいる人を救える…

病院に遺体を預けるのが少し不安…
当人の意思だけでは決められない…
家族の了承を得られなそう…

と、おそらく
ポジティブに捉える方とネガティブに捉える方に分かれるのではないでしょうか…

近年では、積極的に考えている方が増えておりますが、
まだまだ不安視している方がおられるのも現情です。


さまざまな医療機関の取り組み。


そんな中、”献体”のご協力者を募るべくさまざまな医療機関が動きを見せています。
その一つが、千葉大学医学部「千葉大みらい医療基金」が支援するクリニカルアナトミーラボ(通称:CAL)です。
※ホームページリニューアル中

トップクラスの医療設備と研究室、教育体制が整っていて
日本の中でも最重要組織の一つなのです。

こちらが掲げる目標は、未来に向けた医療の発展はもちろん

・若手の育成
・手術成功率の向上
・難病の解明

など主に3つ挙げられます。


誰に同意を求めるのか。


では、上記の目標を叶えるために誰へご協力を仰ぐのか…

それは
献体にご興味のある高齢者(60歳〜70歳)は言わずもがなですが、
相談を受けたそのご家族(40歳〜50歳)も対象となります。

つまり、ご本人が望んでいてもご家族の同意を得られなければ
献体者として登録することができないのです。

そして、その同意こそが”献体者”を増やす最大の課題といえるのではないでしょうか…

だれであっても一度は経験するであろう”家族の同意”。
何か大切なこと、目標、夢に向かって頑張ろうとする時、一番の相談相手になる存在です。

生命に関わることであれば尚更慎重になりますよね。


普及・認知拡大を目指して。


上記のように考えると、
「ご家族の同意」を解決できれば普及していくのではないでしょうか…

”献体”に対して正しい理解と向き合い方をしていくことが重要だと思います。

その実情の中で、
制作したリーフレットが課題解決に向け少しでもお役に立てれば幸いです。

手に取った方(希望する本人)からご家族に行き届き、

・ここなら安心・安全だ!
・本人の登録意思を尊重しよう!
・医療発展には大切なことなんだ!

と感じていただけることを一番の願いとしております。

また、これをきっかけに
「”献体”は安心・安全であり、今後の医療のために必要な考え方」という認知が広がっていければ嬉しいですね!

以上、ここ最近のお仕事で感じたウメの想いでした。

それでは。

この記事を書いた人Who wrote this blog

Umehara Taichi

デザインを通して、「お客様の良さ」を
「お客様と一緒に」全力で伝える。

RELATED POST関連する記事

CONTACTお問い合わせ

tel.0120-622835

営業時間/10:00〜18:00 
定休日/土日祝日

  • 信州ファームデザイン
  • 信州ファームマーケット
  • 株式会社POCKET
  • 株式会社Think for Design