お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

初心者のためのデザイン日誌20

UPDATE : 2017.02.10

アプリコットデザインのブログ

こんにちわ。初心者のためのデザイン日誌今回は欧米フォントについてのお話です。
欧米フォントにはセリフというものがあります。セリフとは何かということも説明したいと思います。

セリフ系とサンセリフ系

フォントの種類

欧米フォントは大きく分けて「セリフ系」と「サンセリフ系」に分けられています。和文フォントで分類されている明朝体が「セリフ系」、ゴシック体が「サンセリフ系」です。

セリフ
そもそもセリフってなに?
セリフとは、タイポグラフィにおいて文字のストロークの端にある小さな飾りを意味します。 セリフを持つ書体をローマン体と呼びます。220px-セリフの種類.svg
ArialやHelvetica, Corbel, Calibri、Segoe UIです。ちなみに、「サン」とは「ない」、「セリフ」とは「ウロコ」という意味です。
長い文章には明朝体が適切と言われています。英語であれば、サンセリフ書体よりも、セリフ体の方が長文向きで、可読性に優れています。新聞や論文のように、長い文章には「セリフ書体」を使った方が、読み手にストレスを与えません。

ただし、長い文章を書く場合、太い明朝体はそれほど可読性が高くありません。ただし、長い文章を書く場合、太いセリフ体はそれほど可読性が高くありません。以下のように、長い文章には「細めのセリフ体」がベストです。もちろんサンセリフ体が絶対に良くないというわけではありません。細いサンセリフ体であれば、可読性は充分に高くなります。長文には基本的に細いフォントが読みやすいということですね。

タイトルや小見出しは、全体の内容を把握・理解する上で重要な役割を果たします。小見出しは、重要なことが書かれるとともに、区切りを明確にする役割をもちます。したがって、タイトルや小見出しを目立たせ、「視認性」を高めることで、受け手の理解を促進することができます。本文が明朝体やセリフ体であっても、タイトルや小見出しには、サンセリフ体を用いる方が受け手に優しいデザインとなります。当然、英語の資料であれば、サンセリフ体を用いるのが基本になります。

デザインの基礎知識コーナー

毎回箇条書きでお得な情報載せていきたいと思います。

学んだこと①

デザインカンプ→制作物の仕上がりを提示するための完成見本のこと。実際の制作にとりかかる前にクライアントへ提出する「デザイン案」を指すこと多い。


    営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

    [長野オフィス-本社-]
    〒381-2246
    長野県長野市丹波島1-805

    [東京ブランチ]
    〒100-0004
    東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

    [松本ブランチ]
    〒390-0851
    長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

    [金沢ベース]
    〒920-0831
    石川県金沢市東山1丁目10-1 103

    記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

    0

    無料見積

    まずは無料でお見積もりを作成いたします。
    お気軽にお問い合わせください。

    無料見積もり

    お問合せ先

    クリックで
    事務所一覧が
    開きます

    tel.0120-622835

    営業時間/9:00〜18:00 
    定休日/土日祝日

    Copyright © 2020 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.