お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

初心者のためのデザイン日誌15

UPDATE : 2016.12.16

アプリコットデザインのブログ

こんにちわー。今日でデザイン日誌第15回目ですー。やったね!
前回に引き続きレイアウトのお話です。(そしてこれからもレイアウトのお話はしばらく続きます)今回はデザインで余白を使ったレイアウトとか出てくると思うのですが、その余白についてお話したいと思います。

余白とデザイン

小さなテキストを広い余白に配置すると存在感が増し、視線の滞在時間が長くなります。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2
高級ブランドの洗練された様子や優雅さを演出するために余白を利用します。タイポグラフィーと写真、そして豊富な余白の繊細な組み合わせは高級ブランド周辺ではよく見られます。例えば化粧品ですが、ノベルティのデザインでは余白をふんだんに使って洗練されていることや高級感、そして高価そうな感想を消費者に伝えようとしています。余白をたっぷりと取ると高級感を与えるからでう。
逆に余白が少ない方はチープな印象を与えます。チラシなどは安さやお得さを伝えるため余白を少なくした方がよりいいです。

余白は大抵の場合バランスよく調和の取れたレイアウトにするために利用します。丁度良いと「感じる」ようにです。写真家が視線誘導のために主題を中心からずらして配置して視線を誘導させます。読者のコンテンツの読み進めを制御することができます。このような視線誘導を目的とした余白のことを「アクティブ・ホワイトスペース」と呼びます。

デザインの基礎知識コーナー

毎回箇条書きでお得な情報載せていきたいと思います。

学んだこと①

製版→版下をもとに、写真などを取り込んで印刷用のフィルムをつくること。

    営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

    [長野オフィス-本社-]
    〒381-2246
    長野県長野市丹波島1-805

    [東京ブランチ]
    〒100-0004
    東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

    [松本ブランチ]
    〒390-0851
    長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

    [金沢ベース]
    〒920-0831
    石川県金沢市東山1丁目10-1 103

    記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

    0

    無料見積

    まずは無料でお見積もりを作成いたします。
    お気軽にお問い合わせください。

    無料見積もり

    お問合せ先

    クリックで
    事務所一覧が
    開きます

    tel.0120-622835

    営業時間/9:00〜18:00 
    定休日/土日祝日

    Copyright © 2021 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.