お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

データベースとcsvファイルを連携

UPDATE : 2016.10.07

アプリコットデザインのブログ

こんにちは。

今日はデータベースの情報をcsvファイルとして出力する最低限の方法を書いてみたいと思います。
データベースに登録された情報をexcelなどに持っていきたいことがある場合に便利かもです。

とりあえず今回はデータベースからデータの取得~csvファイルのダウンロードまでを簡潔簡単に説明してみたいと思います。

以下の3つのファイルを用意するだけで使えます。(ファイル名は任意です)
1.setup.php(データベースへのアクセスに必要な情報ファイル)
2.index.php(データベースから抽出したデータを確認するためのファイル)
3.export.php(抽出したデータをcsvファイルとして書き出すファイル)

まず1.の setup.php ファイル内容です。

ここでデータベースにアクセスする為に必要な情報を外部ファイルとして用意しておきます。
外部ファイルとしてまとめて置くことで、データベース接続情報が変わった際にここを書き換えるだけで済むので楽です。


次に、データベースから取得した情報を確認するためのページ index.php 内容です。
\n";
}  //クエリの結果を連想配列 $row で取得し、echoで画面に表示しています("
\n"は見易くする為に付けてるだけです・・・) ?>
formで出力するボタン(csvダウンロード)を付け加えときます。


最後にダウンロード用の処理を行う export.php 内容です。

データベースから情報を取得するまでは index.phpと同じですが、headerに2行ほど追加している部分でダウンロードをさせています。


以下、参考サイトのURLです。(自前サイトです)
ここをクリック

「エクスポート」ボタンを押すと test.csv がダウンロードされます。


あまり使わない機能かもしれませんが。。。
一例としてこんなことできそうです。
「データベースの内容を修正しなくては!だけど忙しくてそれどころじゃない。どうしよう・・・」
「そうだ、excelで誰かに修正しておいてもらおう!」

こんな時に、csvファイルとして出力する意味がでてきます。
あとで修正されたcsvファイルをインポートするだけで済みます。


今回はこのあたりで終わりにしたいと思います。


一応音楽好きを名乗っていてカテゴリも音楽暮らしなので、ブログの締めにおすすめ音楽をご紹介していきます。
Suchmos “STAY TUNE” -> youtube link

最近は邦楽あまり聴かなかったのですが、これを聴いてこのバンドの虜になりました。
僕は自称車好きで、一応スポーツカーなんかも乗っているのですが、車で夜の首都高や湾岸道を流す感じが合いそうです。

    営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

    [長野オフィス-本社-]
    〒381-2246
    長野県長野市丹波島1-805

    [東京ブランチ]
    〒100-0004
    東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

    [松本ブランチ]
    〒390-0851
    長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

    [金沢ベース]
    〒920-0831
    石川県金沢市東山1丁目10-1 103

    記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

    0

    無料見積

    まずは無料でお見積もりを作成いたします。
    お気軽にお問い合わせください。

    無料見積もり

    お問合せ先

    クリックで
    事務所一覧が
    開きます

    tel.0120-622835

    営業時間/9:00〜18:00 
    定休日/土日祝日

    Copyright © 2020 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.