STAFF BLOGAPRICOT STAFFスタッフ別/スタッフブログ

2017.03.29

タブー×デザイン

0

世界にはやってはいけないこと、つまりタブー、ふれたり口に出したりしてはならないとされているものがあります。
それは時代によっても変わりますし場所によっても変わってきます。

(例えばインドで左手で握手しようとするとグーパンくらいます。というか侮辱行為に値します。インドでは左手は「不浄(汚い)の手」とされており、そしてトイレでトイレットペーパーの代わりに左手を使うからです。食事の時や握手する時は必ず右手を使います)

全てのことにいえますがその場所のしきたりに反することは基本的にやってはいけません。そしてデザインにも関係していきます。
わたしたちがいる国は日本なので、日本のしきたりに反することやタブーになる要素をデザインに取り入れてはいけないのです。

例えば右肩下がり赤字のロゴマークはNG。
なんとなくでもわかると思いますが、会社として売り上げや実績が下がっていくのは・・・・・・・・・・・・・・・・・

Z-1 アカン。


赤字は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9k=
欠損を象徴(ボソッ


会社にとってマイナスを象徴するような要素をこれからがんばって社会貢献しお金を稼いでいこうとしている会社のロゴーマークに絶対含めてはいけません。

そしてタブーなこと他には鬼門(きもん)があります。方角に関するタブーの一種で、万鬼が出入りするとして忌み嫌われた方角です。実際の方角は東北 (うしとら)です。よく東北にはものを置いてはいけないといいますよね。ロゴマークも鬼門すなわち東北へ向かって見えるようなデザインはタブーになります。

逆にロゴマーク求められるものは安定感です。会社が安定すること示唆するため、例えばロゴの文字が太くてしっかりしてるものを使うとよいです。不安定なも、例えば傾いていたりなどは基本的にはNGです。中にはあえて不安定を表現するためにそのようなマークにするのはありだと思います。結局はその会社のモットーをロゴマークに組み込んで、マークへ魂を吹き込むことがとても大切なのです。


日本では上記のような感じですが、世界にももちろんタブーなマークは存在します。
例えばナチスが使用した為にタブーとなったマークがあります。

swastika-29312__340
鉤十字は日本では家紋や地図記号などで「卍」(左まんじ)が多く使われています。が、ナチス・ドイツが使用した為に、欧米では「まんじ」自体がナチスやネオナチのシンボルと誤解される事が珍しくなく、自主規制の犠牲になる形で公共の場から姿を減らしています。(かつてはコーラやビールなどなど、いろんなものに使用されていました。)

同じナチス関連で、親衛隊の襟章もかつて日本のアイドルグループが使って問題になったことがあります。
ちなみにアメリカのロックバンドのKISSはわざとこのSSの部分を自分達のロゴに使用していました。(逆に禁忌にふれるあたりがロック歌手ことKISSらしさかもしれません)
しかしこれも鉤十字のマークと同じくらい印象は良くないです。
d7eec68b80feabd8c121db7996d14134
デザインというものは人が作るものであり、だからこそ人間が今まで培ってきた歴史や文化というものが大きく反映されてきます。
こうして改めて考えてみると、奥が深くてとても面白いです。
(世界史と現代社会の教科書あさってもう一回勉強し直してこようかなと思う今日この頃でした・・・・)

記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)
0

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103