お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

センス不要!? デザインの仕事とは

UPDATE : 2016.02.19

CATEGORY : Aruga Shizu

こんにちは、ワカです。
「デザイナーのセンスは1%」昔私が上司に言われた言葉です。
デザインされたものにデザイナーのセンスがどのくらい含まれているかという話なのですが
その頃デザインを猛勉強していた私はこの言葉がすんなりと入ってきました。
人によっては悔しいと感じる人もいるかもしれませんが私は妙に納得しました。

そう、先人たちが切り開いてきたルールが既にそこには存在しているんです。

例えばニュースを伝える新聞が
タカハンド
説得力がありませんね。
そして文字も太く、何万字とこれが並んでいくと新聞が真っ黒になってしまいそうです。

また、
はるひ学園
凶悪な犯罪もほっこりとして伝わってしまいそうですね。
そして、文字の“可読性”も低く長文にも向いていません。

なので
朝府新聞
新聞という限られたスペースにできるだけ沢山の情報を詰め込み
なおかつ、読みやすいように文字のスペースに対してめいっぱい大きくデザインされている読み易い書体。

でも…
同じ書体でも
ピンク
女子力の高い新聞は出来そうですが…とても読みずらいですね。

というように書体・大きさ・色、文字と文字の間のバランス、行間、などなど
読者にとって読みやすいとされるものは決まっています。
新聞は幅広い年齢層の人が読みますが小さい子供はターゲットにしていないと思われます。
もしも小さい子をターゲットにしているのならば

しんぶんは まだ ならっていない かんじを すべてひらがなで かくひつようが あるからです

というように見る相手によっても使う漢字のレベルや文字の大きさまでルールがあります。
その沢山のルールを組み合わせていくところにデザイナーの1%のセンスが加わるのだと思います。
デザイナーは芸術家ではないので自分の思うままに作ることが良しとされているわけではないのですね。

むかし歌舞伎の中村勘三郎さんが
「型破りとは型のある人がやるから型破り。 型のない人がやったら、それは形無し。」
と言っていた言葉が凄く頭に残っています。まさにその通り。
世の中で斬新だなと思うヒットしている商品は、
今までの“型”を理解しているからこそ作れるものなのだと思います。
なので基礎をしっかり学んでいくことで99%はできてしまうのですね。
なのでもしもデザイナーを目指しているけど「センスないからな…」と諦めてしまっているのならば
センスを磨くより基礎を学ぶ方が近道です!

まだまだ学ぶことが多い私ですが“型”を身につけて、あっと言わせるデザインをしていきたいです。

    営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

    [長野オフィス-本社-]
    〒381-2246
    長野県長野市丹波島1-805

    [東京ブランチ]
    〒100-0004
    東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

    [松本ブランチ]
    〒390-0851
    長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

    [金沢ベース]
    〒920-0831
    石川県金沢市東山1丁目10-1 103

    記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

    1+

    この記事を書いた人Who wrote this blog

    Aruga Shizu

    文章に強いライター兼グラフィック&WEBデザイナー。

    無料見積

    まずは無料でお見積もりを作成いたします。
    お気軽にお問い合わせください。

    無料見積もり

    お問合せ先

    クリックで
    事務所一覧が
    開きます

    tel.0120-622835

    営業時間/9:00〜18:00 
    定休日/土日祝日

    Copyright © 2021 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.