お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

コーヒー堪能、のはずが。

UPDATE : 2019.10.23

CATEGORY : Deura Haruna

こんにちは、東京ブランチのハルです。


何かに集中していて、疲れて一息つきたいときって
「コーヒーでも飲もうかな〜」って思いませんか?

コーヒーって、自由のシンボルなのかもしれない。




そんな自由のシンボル、コーヒーの
日本最大級のイベント「TOKYO COFFEE FESTIVAL」が
10月19日(土)〜20日(日)表参道にて開催されました。

日本全国、海外から約30店舗のコーヒーが集まり
日本初上陸の店舗もあるとか。
ということで、つい最近ブラックが飲めるようになったワタクシ、行ってきました。

ミニマグカップ+飲み比べ4杯分 ¥1,500(税込)

こちらのセットを購入しいざ参戦。


と、意気込んで行きましたが
とにかくお店が多くて決められず、会場を3周くらいして
こういう時は焦らず慌てず「ジャケ買い作戦」です。

お店の看板、ロゴ、フォント、カラー
パッケージ、グッズなどをじっくり見て(完全に職業病)
コレだ! と思うところに飛び込みます。





そう直感を信じて、選んだ4店はコチラ。



No1.Nossa Familia Coffee[ポートランド]
すっきりしていて、後から酸味を感じる。
早朝に似合うな〜と思ったコーヒー。



No2.Buckman Coffee Factory/Marigold Coffee[ポートランド]
正直な第一印象はとっても熱々。深い味だけどすっきりしている。
ホッとするけどシャキッと頑張れそう。仕事の合間に飲みたい。



No3.stockholm roast[東京]
酸味と苦味の少ない、濃く深い味のコーヒー。
個人的に一番好きなのはここでした(ワタクシ味覚まで生粋の東京人のようです)。



No4.COFFEE SUPREME[ニュージーランド]
ストロベリー感が強いですよと渡され衝撃。
コーヒーだけど紅茶のようなフルーツ感もある。
酸味は割と強めの、個性的なコーヒー。






どのお店の人もコーヒーを注ぐ丁寧な仕草が素敵で
オリジナルカップもカワイイ。(帰り道に歴代マグカップデザインを調べまくる)
そして来ている人たちも、みんなお洒落。


コーヒーを堪能するはずが…
気づいたら頭の中が「デザインデザインデザインデザ…」

色々と刺激を受けました。
多分、コーヒーとデザインは親戚。




「TOKYO COFFEE FESTIVAL」は
半年に1度、春と秋に開催しているそうです。
そして会場の国連大学では、
毎週土・日曜日にファーマーズマーケットも開催しています。


コーヒー好きな方はもちろん、
美味しいものが好きな方、素敵な時間を過ごせます。
是非お試しを!
































    営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

    [長野オフィス-本社-]
    〒381-2246
    長野県長野市丹波島1-805

    [東京ブランチ]
    〒100-0004
    東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

    [松本ブランチ]
    〒390-0851
    長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

    [金沢ベース]
    〒920-0831
    石川県金沢市東山1丁目10-1 103

    記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

    4+

    この記事を書いた人Who wrote this blog

    Deura Haruna

    マルチな引き出しを持つグラフィック&WEBデザイナー。

    無料見積

    まずは無料でお見積もりを作成いたします。
    お気軽にお問い合わせください。

    無料見積もり

    お問合せ先

    クリックで
    事務所一覧が
    開きます

    tel.0120-622835

    営業時間/9:00〜18:00 
    定休日/土日祝日

    Copyright © 2020 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.