お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

クルミ黒斑細菌病打倒プロジェクト_水耕栽培

UPDATE : 2021.06.14

CATEGORY : Tsukiyama Jun

こんにちは!デザイナーのツキヤマです!

これまでの記事
クルミ黒斑細菌病打倒プロジェクト、始動
クルミ黒斑細菌病打倒プロジェクト_新たなる悲劇
クルミ黒斑細菌病打倒プロジェクト_新兵器投入
クルミ黒斑細菌病打倒プロジェクト_新兵器投入その2

非常に残念なことに、昨年の秋から栽培を続けてきた大半のクルミの苗を処分することにしました。


当初発芽はかなりうまくいったものの、
背丈が5〜15cmになるとクルミ黒斑細菌病により葉が落ち、その後成長をストップしたクルミ苗たち・・・
暖かくなり、茎が緑になってきて復活を期待しましたが、新たな芽が出るものはごくわずか(全体の10%)

ようやく芽が出たものの、葉先をよく見ると0.5mmくらいの黒変色が見られます。
これは葉が大きくなったとしても、また落葉するものと思われます。

ためしに土から出してみます。

白い根が伸びています。これには大変驚きました。
葉もない丸裸のクルミが、ミイラ化した根を克服してここまで頑張っていたのです。

しかし、この春にオゾン水栽培を始めたクルミ苗が順調に生長し、ついには彼らを追い越す勢いでした。

クルミ黒斑細菌病は感染力がとても強いため、
同じ敷地内に罹患した苗を置いておくことはご法度。
泣く泣く彼らを処分することにしました。

彼らからはとてもたくさんのものを学びました。
ありがとう。

と落ち込んでいても仕方ありません!
打倒!クルミ黒斑細菌病!
次の秘策に打って出ます!

それが、水耕栽培です。

おそらく日本初、いや、世界初の試みです。

発根したくるみの実の根を水に漬けます。
写真の左下にあるのがオゾン水生成器です。
1日数回起動し、オゾンを発生させます。これで細菌を除菌します。
また、オゾンはマイクロバブルとして発生するため、水中の酸素濃度も上がり、根腐れを防ぐ役割も果たします。


オゾン発生装置とは別に、金魚用のポンプで常時エアーを送ります。
クルミは湿った土が苦手なのでどれほど効果が出るかわかりませんが、
とにかくやってみるのであります!

  • クルミ
  • 農業

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103

記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

この記事を書いた人Who wrote this blog

Tsukiyama Jun

感性豊かな心躍るデザイナー兼ディレクター。男性的なデザインが得意。

無料見積

まずは無料でお見積もりを作成いたします。
お気軽にお問い合わせください。

無料見積もり

お問合せ先

クリックで
事務所一覧が
開きます

tel.0120-622835

営業時間/9:00〜18:00 
定休日/土日祝日

Copyright © 2021 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.