お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

オリジナルの情報

UPDATE : 2021.04.21

CATEGORY : Aruga Shizu

先日紀伊國屋書店へ行ったら、こんな冊子を見つけました。


紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめするベスト30
その名も「キノベス! 2021」

全国の書店員さんが売りたい!と思った本を推薦する「本屋大賞」と違って、
“紀伊國屋書店のスタッフさん”がおすすめしてくれる書店独自のランキングです。

「本」は、全国どこで買っても同じ値段です。
紀伊國屋さんでも平安堂さんでも、
長野県でも北海道でも、等しく同じ環境で買えます。

でも、スーパーや家電量販電などの小売店であれば、そうはいきません。
お店によって値段は変わるし、セール期間によって品揃えも変わります。

と、なると……、
全国どこの書店で本を買っても一緒でしょ? となりそうですが、
品揃えや陳列の仕方、推し本や店内ランキングなどなど、
各書店さんごとに、とても色合いが異なります。

「本」という同じ商品を取り扱っているにもかかわらず、
違いがあるなんて、書店さんっておもしろい存在です( ^ω^ )

同じ「本」という商品を扱っているけれど、
マンガ推しの書店、ラノベ推しの書店、
子ども向け、文芸好き、オールラウンダー攻めなどなど、
それぞれ特別な熱量を持って、お店を作っているように感じます。

今回見つけた「キノベス」も、書店さんの色のひとつで、
「わたしたちはこんな書店です」という
名刺代わりの情報ツールだと思いました。

わたしはいつも、小説(翻訳本除く)ばかりに目が行くのですが、
「キノベス」を見て、翻訳本やエッセイも気になっています◎

すでに好きな人には、さらなる情報を、
あまり興味のない人には、入り口を。
そう思えたステキなフリーペーパーでした。

ちなみに、この「キノベス」は、「中綴じ」という作り方で、
紙を重ねて真ん中をホッチキス留めして冊子にしています。

こんな感じに↓↓↓↓↓↓

「キノベス」は、しっかりとプロの手で作られていましたが、
薄い冊子であれば、印刷屋さんに頼まなくても自作できます。

冊子にしたい情報を、お店や会社で両面印刷して、
「中綴じ用ホッチキス」を使って留めれば簡単に作ることができます◎

お店独自の情報発信に、お客様へお伝えしたい情熱の発露に、
“手作りの中綴じ冊子”というのもよいかもしれません( ^ω^ )♪

  • フリーペーパー
  • 中綴じ

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103

記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

この記事を書いた人Who wrote this blog

Aruga Shizu

文章に強いライター兼グラフィック&WEBデザイナー。

無料見積

まずは無料でお見積もりを作成いたします。
お気軽にお問い合わせください。

無料見積もり

お問合せ先

クリックで
事務所一覧が
開きます

tel.0120-622835

営業時間/9:00〜18:00 
定休日/土日祝日

Copyright © 2021 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.