お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

なぜ枚数が少ないと高くなるのか

UPDATE : 2017.06.01

アプリコットデザインのブログ

夏になってくると文化祭や夏祭りなど、楽しいイベントが増えてくると同時に
「オリジナルTシャツを作りたい!」という方も増えていくのではないでしょうか?
オリジナルTシャツをみんなで着る事で、自分たちだけのものをみんなで着ているという意識から
団結力がUPし、イベントがさらに盛り上がります。
せっかくのオリジナルなのでデザインにはとことんこだわりたい!という方も多いと思いますが、
もちろん、こだわればこだわるほどかかるコストも上がります。
オリジナルで作る場合はどうしても限界があることがあるので、気をつけなければならない点を考えてみました。

 

1.枚数が少ないと高くなる。
これは当たり前のことのなのですが、枚数が増えれば単価が安くなりますが、少なくなると単価は上がります。
これってどういうことなの?と言いますと、版代が関係しています。
Tシャツのプリント方法でまず一般的なのが「シルクスクリーンプリント」という方法です。
耐久性もあり、多くの枚数をスピーディーにプリントできる方法です。
このシルクスクリーンプリントでは、デザインをTシャツにプリントするための「版」というものをつくります。
この版代を枚数分で割って、一枚の金額に乗せているということが多いです。たとえば

 

例題1
よしこさんは35人いるクラスでオリジナルTシャツを作りたいと思いプリント屋さんにお願いしたところ
「版代は一式10000円ですね」と言われました。そうすると一人当たりの版代はいくらでしょう?
版代10,000円 ÷ 35人 = 285円 (小数点以下切り捨てとして)

 

例題2
太郎くんは友達5人でオリジナルTシャツを作りたいと思いプリント屋さんにお願いしたところ
「版代は一式10000円ですね」と言われました。そうすると一人当たりの版代はいくらでしょう?
版代10,000円 ÷ 5人 = 2000円

 

このように、一人当たりの版代が高くなるわけです。この版代に加え、プリント代、Tシャツ本体代(ボディ代)などもろもろが含まれていき、
単価がどんどん高くなっていきます。さらに、

「デザインを2色プリントにしたいなー」

という場合や

「デザインを左胸と背面と2箇所にしたいなー」

という場合は、版がもう一つ必要になってきますので、10000×2で版代が20000円になることになります。
もちろん、「版代は少量注文でも安くしてます!」というところもありますが、基本的にはこういうことなんです。
数量が少ない場合には、版を使わないプリント方法などもありますので、枚数やデザインによってプリント方法を
変えていきましょう。

    営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

    [長野オフィス-本社-]
    〒381-2246
    長野県長野市丹波島1-805

    [東京ブランチ]
    〒100-0004
    東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

    [松本ブランチ]
    〒390-0851
    長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

    [金沢ベース]
    〒920-0831
    石川県金沢市東山1丁目10-1 103

    記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

    0

    無料見積

    まずは無料でお見積もりを作成いたします。
    お気軽にお問い合わせください。

    無料見積もり

    お問合せ先

    クリックで
    事務所一覧が
    開きます

    tel.0120-622835

    営業時間/9:00〜18:00 
    定休日/土日祝日

    Copyright © 2021 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.