この夏出会ったビンテージ雑誌 | ホームページ制作・グラフィックデザイン アプリコットデザイン

お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

この夏出会ったビンテージ雑誌

UPDATE : 2021.09.27

CATEGORY : Deura Haruna

こんにちは、相変わらずジャケ買いをしております。
東京ブランチのハルです。

それに「ビンテージ」が加わるとついついレジに一直線です。
サムネはこの夏に古本屋さんやビンテージ雑貨店で出会った
1960〜70年代の海外の雑誌と広告の切抜きです。

約60年前に読まれていた雑誌や広告ですが
色もいい感じに茶色くなっていたり。(かなり綺麗なのでデッドストックの可能性が高いですね)

これは「AUTO WEEK」という出版物で
モータースポーツ、新車のレビュー、古い車、イベント、DIYに焦点を当てた自動車文化について
1958年からアメリカ ミシガン州を拠点に毎週発行されていたものだそう。
2019年11月にデジタル化され、現在では出版物の利用はされていないようです。(参考:Wikipedia)


仕様はA2サイズを2度折った、ホチキス留めをしない「スクラム製本」で
まさに新聞のようなものになります。

時々お仕事でも、この仕様で印刷することがあります。
折りたたむと持ち運びやすく、気軽に手に取れるような印刷物に向いています!


カラーなのは表紙と本文のアクセントの部分のみで、本文はほとんどがモノクロ印刷。
雑誌よりもコンパクトで折りたたみやすいので、当時車好きのおじさまがドアポケットに畳んで入れていたり
外に持ち歩いて公園などで読んでいたのかなあ..なんて想像をしていました。

本文のレイアウトデザインを見てみると
文字がぎっしりではあるものの、見出しにはインパクトのある大きくスピード感あるタイポがあったり、
レースを思わせる枠を使っていたり。
細かな読みやすくなる工夫をしています。
使うフォントも基本的にはサンセリフ体(日本語の書体でいうゴシック体)で、しっかりとしたベーシックなもの「Helbetica」や「Futura」が多く使われています。
表紙のカラーもその号で使うのは2色+黒のみなどで統一感があります。


古い雑誌は部屋のインテリアになるのはもちろん
デザイン吸収にもなるので一石二鳥です!


(..と言い訳しどんどんコレクションが増えています^^;)

    営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

    [長野オフィス-本社-]
    〒381-2246
    長野県長野市丹波島1-805

    [東京ブランチ]
    〒100-0004
    東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

    [松本ブランチ]
    〒390-0851
    長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

    [金沢ベース]
    〒920-0831
    石川県金沢市東山1丁目10-1 103

    記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

    この記事を書いた人Who wrote this blog

    Deura Haruna

    マルチな引き出しを持つグラフィック&WEBデザイナー。

    無料見積

    まずは無料でお見積もりを作成いたします。
    お気軽にお問い合わせください。

    無料見積もり

    お問合せ先

    クリックで
    事務所一覧が
    開きます

    tel.0120-622835

    営業時間/9:00〜18:00 
    定休日/土日祝日

    Copyright © 2021 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.