お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

【色のお勉強】動物は色が見えるのか

UPDATE : 2020.04.23

CATEGORY : Wakashima Megumi

前回は「人はなぜ色が見えるのか」について書きましたが

動物はどうなんでしょう。


オンライン朝礼にも登場してくれるゆーこさんちのワンコ。切実に最近の私の癒し。



私は残念ながら動物と会話することができないので
「何色見えてるの?」と聞くわけにはいかず
様々な研究の結果を参照するしかないのですが…


動物の色の見え方を推測するには
「錐体細胞」という視細胞がいくつあるかがカギになるようです。

ヒトには青、緑、赤(俗に言うRGB)を感じる3種類の錐体があります。

それに比べて
イカやタコには1種類しかないので、彼らが見ている世界はモノクロかもしれないようです。

太陽の光が届かない深〜い海底に住む海の動物は
もはや視覚は必要なく、目がない(極端に退化している)深海魚もいるので
海の底では「色」は必要ないのかもしれませんね。



ミツバチはヒトと同じく3種類の錐体がありますが


見えている光の範囲がヒトとは異なり
300〜650nmと言われています。つまり「紫外線」が見れるのです。

ちなみにカラスにも紫外線が見えると言われています。
私にお肌の大敵・紫外線が見えたなら、可能な限り避けて歩くのにな。。


では、かわいいペットのワンコやネコちゃんはどうでしょう。


錐体の数は人間より少ない2種類
赤と緑を感じるの錐体をお持ちのようです。

なのでヒトよりも細かく色を見分けることができないと言われています。

ちなみに青を感じられない世界というのはこんな感じでしょうか。



こんなにも見え方が違うとなると
彼らに対する今後の対応も、ちょっと変わりそうです。


  • 動物には色が見える?
  • 色の勉強

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103

記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

3+

この記事を書いた人Who wrote this blog

Wakashima Megumi

子育てと仕事を両立するハイパワー主婦デザイナー。一言で表すと四角形デザイナー。

無料見積

まずは無料でお見積もりを作成いたします。
お気軽にお問い合わせください。

無料見積もり

お問合せ先

クリックで
事務所一覧が
開きます

tel.0120-622835

営業時間/9:00〜18:00 
定休日/土日祝日

Copyright © 2020 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.