お問合せはこちら【最短1営業日以内返信】

ホームページ制作・WEBサイト制作・グラフィックデザイン

BLOGSTAFF BLOG

【経営雑談】_05 個人事業ではなく株式会社にしてよかったこと

Nakamura Hiroki


久々の経営雑談シリーズ「とあえずまあ経営」

今回は、個人事業ではなく、株式会社にしてよかったこと。

よし!起業をしよう!と思った時に
誰もが一度は考えるであろう、会社の形態。

google先生に聞くと、いろいろな見解が出ています。

税金面がどうのこうの、信頼度がどうのこうの、経理面がどうのこうの。
売上が1000万円いかなければ、個人の方が良いどうのこうの。

じゃあ実際どうなのよ!?
ということで、アプリコットデザイン的にどうだったかをお話ししたいと思います。


株式会社のメリット

資金面で

会社を成長させて行くためには、お金が必要です。
無借金経営が一番好ましいのかもしれませんが、大体の会社はそうも言っていられません。
だけど、設立間もない会社に、貸してくれる銀行さんなんてありません。
(独立支援の融資制度を活用すれば大丈夫ですけどね)
まあ、それは大体の人が想像つきます。

しかし、数年経って売上の実績ができたと言っても、銀行さんが簡単に貸してくれない場合もあります。
それはなぜかと言うと、「信用がない」からなんです。

「やべお金がなくなりそうだ」と銀行さんに行き、売上の実績はあるので貸してください!と言っても
その銀行にとっては新規の会社なので、そもそも信用がないのです。

アプリコットデザインでは、開業間もなく少額の融資を受けました。(本当に少額です)

これは単にお金が必要だったわけではなく、その銀行さんに対する信用が欲しかったからなのです。
たとえ少額でも借りたお金をきちんと返し続けているという点は、信用の蓄積につながるのです。

そうすると、イザっと言う時にも、スムーズにお金を借りることができるのです。

いつかのブログにも登場しましたが、会社の生存率というものは、
1年、5年、10年で恐ろしいほど低くなっていきます。
だから、会社の年齢は「財産」だと思っています。
いくらお金を出しても、会社の年齢は増やすことができないのです。

早めに借りて、返し続け、信用を重ねていく。
これも一つの財産だと考えます。


仕事面で

地域密着で仕事をしていくのであれば、個人事業でも問題ありませんでした。
地域の中である程度知名度がついてくれば、個人でも会社でも良いのです。

逆に県外の仕事を受注していくためには、信用度が不可欠になってきます。
だって、県外の聞いたことのない会社と取引をするのですから、
依頼する側としたら一気にハードルが高くなりますよね。

アプリコットは創業当初から全国を狙っていたので、県外の会社さんからの
信用度はなくてはならないものでした。
その一つのバロメーターとして、株式会社である必要があったのです。


採用面で

仕事面でのメリットとも似ていますが、やはり働く側としたら
しっかりとした会社組織の方が安心です。
特に若い世代の人を採用していくのであれば、必ず保護者が会社をチェックし
助言を行うという流れがあるので、個人事業よりは会社組織の方が有利だと思います。


モチベーション

これは気持ちの持ちようの問題ですが、簡単に後に引けない株式会社。
何が何でも継続して持続させて行くんだ!!というモチベーションの向上につながりました。


株式会社のデメリット

まあお金が出て行く

売上も少ない創業当初、まあ会社にしたばっかりにお金が出ていく出ていく。
そもそも、会社の登記に数十万かかり、会社にしたがために必要なものも多く。
1ヶ月たらずで100万円くらいのお金が出て行った記憶があります。
アプリコットの場合、アパートの一室から始めたので、家賃とかはかかりませんでしたが
事務所を構えてどうのこうのしていたら、これまたあっと言う間に100万は出ていきます。


まとめ

ナカムラの場合、デメリットよりもメリットの方が大きかったかなと思います。
まあ、今となってはの話ですが。

最初は個人事業でスタートして、売上が1000万円を超えるくらいから、法人成りという手もあります。
最初っから覚悟を決めて会社組織でという手もあります。

大事なのは、長期的に会社の成長を考えて、
個人事業でいくか、会社でいくか決める必要があるのかなと思います。


最後におまけ
以前シズマネのブログにあった、ナカムラの創業動機ですが・・・。
最初は単純に、自分の好きな仕事がしたい。好きなように働きたい。
それに叶う会社が無かったから、自分で作ろうという何ともあいまいな動機です。

好きな事を仕事にしたら続かない・・・
ごもっともです。
僕も何度この仕事を嫌いになりかけたか分かりません。

でも、ナカムラの場合、好きじゃなきゃ続かないって方が強いんだと思います。
だって、今の会社が社会人になって一番長く勤めている会社だから(笑)

だから、ナカムラ好きな仕事を好きなようにやれている自負があります。

デザインの仕事って突き詰めていけばキリがなく、
もっともっと・・・と突き詰められるおもしろさと

この仕事をしていなければ出会わないような人と
たくさんの出会いがある。

だから、やめられない!この楽しさ!

人が増え、仕事が増えていく中で、曖昧な動機はいつしか
分厚い皮をまとい、しっかりとしたビジョンに変わりました。

こんな感じです。

ホームページ制作・通販サイト制作 各種印刷物デザインならアプリコットデザイン

株式会社アプリコットデザイン

[長野オフィス]
〒381-2246 長野県長野市丹波島1-805
TEL.026-217-2184

[東京ブランチ]
〒107-0052 東京都港区赤坂8-4-14 8F
TEL.03-6670-5177

[松本ブランチ]
〒399-0036 長野県松本市村井町南4-12-26
TEL.0263-87-7486

この記事を書いた人Who is writen blog

Nakamura Hiroki / Creative Director

小売業出身!20代で2度起業し3回目の起業で現アプリコットデザインを設立。誰よりもお客様の立場になって考えます!

SEARCH

  • デザインで全ての人を幸せに
  • ブランド戦略型WEBサイト
  • タブロイド紙作ります
  • 開業・企業パック
  • ブランディング
  • 信州ファーム
  • アプリコットマグ

AREA

対応エリア

長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、小海町、川上村、南牧村、南相木村、北相木村、佐久穂町、軽井沢町、御代田町、立科町、青木村、長和町、下諏訪町、富士見町、原村、辰野町、箕輪町、飯島町、南箕輪村、中川村、宮田村、松川町、高森町、阿南町、阿智村、平谷村、根羽村、下條村、売木村、天龍村、泰阜村、喬木村、豊丘村、大鹿村、上松町、南木曽町、木祖村、王滝村、大桑村、木曽町、麻績村、生坂村、山形村、朝日村、筑北村、池田町、松川村、白馬村、小谷村、坂城町、小布施町、高山村、山ノ内町、木島平村、木島平村、信濃町、小川村、飯綱町、栄村など長野県内全域

北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄まで全国

TOPICSトピックス

2354 post

PICK UPピックアップ

  • デザインノートに掲載されました
  • デザインで人を幸せにする会社
  • ブランド戦略型ホームページ制作
  • 開業起業される方へ
  • アプリコットデザイン
  • コーポレートサイト
  • 信州ファームデザイン
  • 信州ファームマーケット
  • ポケット
  • アプリコットマグ
  • ブランシュール

CONTACTお問合せ

デザインで人々を幸せにしたい。
デザインにはその力があります。I want to make people happy by design.
Design has that power.

デザインが全てだとは決して思いません。
デザインの良し悪しだけで、ビジネスが左右されるとも思っていません。
だけど、デザインの力はとても大きいことも知っています。
私たちが考える良いデザインとは、お客様の伝えたい想いを
より的確に、効果的に表現する手段だと考えます。
伝えたい想いは、間違った伝え方をしてしまうと伝わりません。
また、人を惹きつけるデザインでないと見てもらうことすら困難です。
私たちは日々努力を重ね、今日もそれらデザインに磨きをかけています。
そして制作する過程において、デザインを作ることよりも、お客様の伝えたい想いを
汲み取る事の方が制作するよりも重要だと考えます。
それらの結果、見た目も効果も併せ持った、優れたデザインとなります。
優れたデザインはビジネスの成長を促し、収益をもたらします。
私たちは、デザインを通して、一人でも多くの人を幸せにしたいと考えます。
デザインには人を幸せにする力があると信じています。

アプリコットの想いアプリコットの想い