お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

【国語の時間_02】どこに打つのか、句読点

UPDATE : 2020.05.07

CATEGORY : Aruga Shizu

文章の終わりに付ける句点「。」と、
読みやすく正しく伝えるために付ける読点「、」

句点は、文末なのでわかりやすいのですが、
読点は、どこがよいのか迷うことがあります(^^;)

どこに付けようか迷ったら、
息つぎをする場所や、間のよいところ(20字以内ぐらい)に付けると◎。
誤読の心配やニュアンスを大切にしたい部分にも、あった方がよいですね。



文末に付ける句点ですが、閉じ括弧の前には必要ありません。
(参考のため、お手元に小説や新聞があれば、ぜひご確認ください^^)

しかし、これは出版や印刷業界で主流の法則のようで、
小学校では、文章の終わりは常に句点。
閉じ括弧の前にも句点は必要、と習います。

さて、どちらが正しいのか(? ?)
きっと、どちらも正しいのだと思います◎

小説や新聞で、閉じ括弧の前に句点を付けないのは、
句点がなくても文章の終わりが明確なことと、
句点と閉じ括弧がいつもセットでいると
見た目が重々しく感じられるせいではないかと思っています。

文章にリズムを与える句読点。
人それぞれ、話し方が違うように、
文章の個性を表すかわいい記号です。

身近な文章の句読点に目を向けると、
読むのも書くのも、一段とおもしろくなるなりそうですね( ^ω^ )!

【余談】
年賀状の挨拶文には句読点を付けません。
昔は句読点を付ける習慣がなかったことと、
句読点が「終わり」を意味するために避けられているそうです。

ですが、昔ながらの習慣なので、お友だちや親しい方には、
あまり堅苦しくならず、丁寧に心のこもった年賀状をお送りできればよいかと思います◎





  • コピー
  • ライティング

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103

記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

7+

この記事を書いた人Who wrote this blog

Aruga Shizu

文章に強いライター兼グラフィック&WEBデザイナー。

無料見積

まずは無料でお見積もりを作成いたします。
お気軽にお問い合わせください。

無料見積もり

お問合せ先

クリックで
事務所一覧が
開きます

tel.0120-622835

営業時間/9:00〜18:00 
定休日/土日祝日

Copyright © 2020 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.