お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

【企業ブログ初心者向け】③ちょっとしたコツでミチガエル!写真の撮り方

UPDATE : 2021.05.06

CATEGORY : Yamamoto Mariko

「ブログ用の写真がイマイチぱっとしない・・」
「料理が美味しそうに撮れない!」
「写真で商品の魅力を伝えられていない気がする・・」

ブログ用に写真を撮るものの、
どこか素人感がでていて微妙・・
というのは、ブログを初めたての方なら
誰でも最初にぶつかる壁だと思います。

このシリーズでは、
「PCやネットにちょっと疎い、けど必要に駆られてビジネスブログを始める」
というブログ初心者さんに向けて
ブログの基礎知識を噛み砕いてご紹介していきます◎

シリーズ第3段は「ブログ用写真の撮り方」

今回は、高い機材や画像編集技術を持つ
プロのようにとまではいかなくとも、
誰でもスマホでそこそこキレイな写真が撮れるようになる
意識すべきポイントを4つご紹介したいと思います!


1.何を伝えたいのか

写真を撮るとき、見る人に被写体の“何”を伝えたいのか意識しましょう!

例えば、料理の美味しそうな見た目であれば・・

美味しそう=色味や質感、ボリュームなどの要素で
構成されているのではないでしょうか。
ならば、撮影もそれらが伝わるような方法を取る必要があります!

2.曲がってないか

風景写真などは特に、
垂直水平をまっすぐに揃えていないと、見る人に違和感を与えてしまい、
伝えたいことを素直に受け取ってもらいにくくなってしまいます。
地面や建物がナナメに曲がっていないか、意識的に確認しましょう!

3.余計なものは写り込んでいないか

被写体や伝えたいことと無関係のものは極力背景に写り込まないよう構図を選びましょう。

4.光はどこから差しているか

光の当たり方によって、影の出方や色の正確さ、
そこから受ける印象がガラリと変わります。

光の向きにも気を配りましょう!

↓よく使う光の向き3選↓

・順光(被写体に正面から光が当たる)
目で見たままの素直な色になるため、より正確な色味を伝えたいときにおすすめ!

・サイド光(被写体に横から光が当たる)
光と影がハッキリとでて、高級感やかっこいい印象にしたいときおすすめ!

・半逆光(被写体に斜め後ろから光が当たる)
被写体を立体的に表現できるため、料理の写真によく使われています!



以上が、誰でもスマホでそこそこキレイな写真が撮れるようになるポイントでした!
・・・写真は、プロのカメラマンという職業があるだけあって
かなり奥が深く、極めようと思うとキリがありません。(私もまだまだ初心者レベル・・)
それでも、ブログに載せる写真で
皆様の会社のサービスや商品の魅力が少しでもお客様に伝われば嬉しいです◎

    営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

    [長野オフィス-本社-]
    〒381-2246
    長野県長野市丹波島1-805

    [東京ブランチ]
    〒100-0004
    東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

    [松本ブランチ]
    〒390-0851
    長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

    [金沢ベース]
    〒920-0831
    石川県金沢市東山1丁目10-1 103

    記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

    8+

    この記事を書いた人Who wrote this blog

    Yamamoto Mariko

    無料見積

    まずは無料でお見積もりを作成いたします。
    お気軽にお問い合わせください。

    無料見積もり

    お問合せ先

    クリックで
    事務所一覧が
    開きます

    tel.0120-622835

    営業時間/9:00〜18:00 
    定休日/土日祝日

    Copyright © 2021 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.