お問合せ先 無料見積もり

APRICOT DESIGN BLOG

【おしゃかわいい表現】縫い目 Part 1

UPDATE : 2019.04.17

CATEGORY : Tsukiyama Jun

こんにちは。ディレクターの月山です。

このシリーズでは、おしゃかわいいデザインについて月山なりに探求し、表現していきたいと思います。


今回は【縫い目】についてフォーカスを当てていきたいと思います。
Part 1では、「なぜ縫い目がおしゃかわいいと思ったのか」「そもそも縫い目とはなんなのか」を考えていきます。


なぜ【縫い目】がおしゃかわいいと思ったのか

おしゃかわいいという言葉から思いついたのが、
自分の感覚に素直で、すこし細かなところにまで目が行き渡る人物像でした。
そして、その人が着るファッションもそう。
ただ「流行のカラー」や「ブランド品」を追ったものではなく、もっとミクロなこだわりの部分。

衣服のデザインの中で、
目立たない部分だけれど、見つけたときのよろこびがあるもの。
自分だけが知ってるようなよろこびがあるもの。を考えたとき、
それは【縫い目】なのかな。と思ったのです。
「ここだけ糸の色の明るさを生地と少しだけズラしてる」とか、「手染め糸のさりげないムラのグラデーション」とか。
そんな細かな気づき体験も含めて「おしゃかわいい」のかなって思います。

そもそも縫い目とは何なのか考えてみました

縫い目は、素材と素材と繋ぎとめるもの。または補強をするもの。
そこには服を作る人の想いがこもっています。
生地や糸の種類、誰が縫うのか、何のために縫うのかで、【縫い目】の表情が大きく変わります。
表情が変わるということは、好き嫌いの幅が生まれてしまうということ。

ですから、ここでグラフィックデザイナーが「縫い目表現=等間隔の線」と片付けてしまうのは早計。
しっかりと縫い目表現から誰に何を伝えたいのか考えなくてはいけないな、と思います。


次回!おしゃかわいい【縫い目】を深掘り!

ここまで漠然と【縫い目】っておしゃかわいい!と書いて来ましたが、
本当にそうなんでしょうか?
ただの点線表現でおしゃかわいいは伝わるのでしょうか?

次回、いろいろな縫い目を観察していきます。

    営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

    [長野オフィス-本社-]
    〒381-2246
    長野県長野市丹波島1-805

    [東京ブランチ]
    〒100-0004
    東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

    [松本ブランチ]
    〒390-0851
    長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

    [金沢ベース]
    〒920-0831
    石川県金沢市東山1丁目10-1 103

    記事が気に入ったら「いいね」してね。(SNSとは連動してません)

    0

    この記事を書いた人Who wrote this blog

    Tsukiyama Jun

    感性豊かな心躍るデザイナー兼ディレクター。男性的なデザインが得意。

    無料見積

    まずは無料でお見積もりを作成いたします。
    お気軽にお問い合わせください。

    無料見積もり

    お問合せ先

    クリックで
    事務所一覧が
    開きます

    tel.0120-622835

    営業時間/9:00〜18:00 
    定休日/土日祝日

    Copyright © 2020 APRICOT DESIGN All Rights Reserved.