お問合せはこちら【最短1営業日以内返信】

ホームページ制作・WEBサイト制作・グラフィックデザイン

CONTENT集客のネタ・コンテンツ

PPAPよりTP

Posted:2016.11.25 | Category: 集客のネタ・コンテンツ

論理的に販促を研究する販促コンサルタントが、今日もづらづらづら〜と書いていきます。

今日は前回の予告どおり

「クーポンジプシーでもぜんぜん構わない業種について」


クーポンジプシーという言葉を知らない方もいらっしゃると思うので説明しますね。

例えば、美容室やエステのクーポンがたくさん載っているクーポン紙やフリーペーパーを見ていると、「新規のお客様限定でカット料金1,000円引」「新規客のみカット半額」というクーポンがよく見かけますよね。こういったクーポン発行しているお店ばかりを、1回のみ利用する人たちをクーポンジプシーと呼んでいます。

話は脱線しますが、定住しないということであれば、EXILEでもいいのでは?
クーポンEXILEってなんかかっこよくないですか?

同級会で
「ひさしぶりだな〜、おまえ今なにやってるの?」
「おれ?おれは、今、クーポンEXILEやってるんだよ」
なんだか、かっこいい!

コホン。話を戻します。

飲食店の場合は、クーポン券を利用して来店誘引をはかって、来店客の増加、来店頻度の増加、客単価のアップ、オペレーションの低減などを目的としているのですが、クーポン客オンリーになってしまうと、忙しいばかりでなかなか利益が出ないものです。
お店がクーポン客であふれてしまったが故に、非クーポン客がお店に入れなかったり、忙しい店内をまわすために余計にスタッフを出勤させたりとあまり利益効率が良いものとは言えません。

しかし、「クーポンジプシーでも良いので、とにかくじゃんじゃん来店してください」という業種があります。

それはズバリ、

美容室、マッサージ店などになります。


わかりやすく言うと
「仕入れコストが極端に少なく(施術料、技術料がほとんど)かつ、予約が必要な業種」になります。

カット料や施術料をクーポンで1,000円引や半額にしても、利益がとれる価格設定になっています。
もちろん、正規の値段で売り上げるに越したことはないのですが、ここで重要になってくるもうひとつのポイントが「予約制」ということになります。

美容室も常に、予約でいっぱいなわけではなく、日にちや時間帯によってはガラガラということもあります。
例えば、カット料金5,000円。美容師1人の目標予算が40,000円/日だった場合。
カットだけなら1日に8人しないといけなことになるのですが、
6人しか来店しなかった場合は、予約が入っていない残りの時間は、売り上げ0になってしまいます。
(人を時間給でやとっている場合は、収入0ですが、人件費がかかりますね)

さらに、不足の2名分=10,000円をカバーしないといけないため、
予約の6名が、カット以外のパーマやカラーなどを注文をしてくれるのを祈るだけになってしまいます。
(わかりやすいようにとても極端な表現をしておることご承知おきください。)

ですので、多少利益は減ったとしても、この空いている時間を埋めることが、売り上げ目標を達成する方法となります。
美容室やマッサージ店などは、事前の予約制がほとんど。
美容室側にイニシアチブがありがちです。
クーポン利用客さんで、予約が埋まりにくい日・時間帯を効率良く埋めることができます。


これだけではありません。

「カット半額クーポンだけを目的に10人、来店したとして
その全てが「カット半額」だけで終わるでしょうか?

実際にカットしてもらったら、
・とても気に入った
・お店の雰囲気が自分にあっていた
・お店のスタッフが好み(イケメンまたは美女)でまた来店したいと思った
など、理由はそれぞれですが、正規料金で再来店する可能性はないとは言えません。

行動心理学的に、「人間はある一定の期間で、3回、同じ行動をすれば、それが習慣化される」と言われています。
美容室の平均来店頻度は1ヶ月に1回〜2ヶ月に1回。
クーポン利用客を初来店から4ヶ月後までの間に、あと2回来店していただく努力をしましょう。
そうすれば、一見さんを常連客化することができます。
(この、「あと2回の来店」につなげられる手法もありますので、ご相談ください。)

仮に10人のうちの1人が、常連客になっただけでも、年間で平均6〜12回は来店することになりますので、売り上げとして30,000円〜60,000円が見込めます。
さらに、カットをフックとし、カラー、パーマの施術、またはスタイリング剤などの販売などにもつながる可能性があります。

お客様とサービス提供者側が接する点を「TP=タッチポイント」と呼びます。


このタッチポイントは多ければ多いほど、理論上は売り上げのチャンスは生まれます。
しかし、これはあくまで机上の理論だけあって、実際には異なります。

例えば、お客様とのタッチポイントを作ろうとして、頻繁にDMやチラシ攻勢などをかけても、販促費が嵩むばかりで、費用対効果が望めません。
もしくは、メルマガやLINE@なら低コスト!と連日、メールを送っても、うざったがられるばかりです。


では、

何日周期ぐらいで、タッチポイントを作ればいいのか…


これは科学的根拠に基づいた数字があるんです。

ズバリ ○日 周期。


これを知りたい方は、アプリコットデザイン、販促コンサルタントまでご連絡くださいませ。
美容室に限らず、どんな業種でもお客様の業種、規模にあった、「結果の出せる」販促のご相談に乗らせていただきますよ。



最後に、一定のコストがかかるが、あとは集客した分だけ利益につながる業種も
クーポンジプシーだけでも全然構わない部類に入りますね。

これからの時期ですと、そうですね
ズバリ! スキー場ですね。
1人しかこなくても、100000000人来ても、スキー場としてかかる経費は同じ。
それであれば、1人でも多く来場につながる販促が効果的です。

スキーシーズンとともに、ゲレンデや街では、外国人客が増えてきますね。

みなさん、インバウンド需要を狙って、外国人客向けに
英語メニュー化、webサイトの英語版作成などをされていると思われますが

次回は、

「本当にできていると言える?インバウンド対策」

について書かせていただきます。

「私をスキーに連れてって世代」より。

ホームページ制作・通販サイト制作 各種印刷物デザインならアプリコットデザイン

株式会社アプリコットデザイン

[長野オフィス]
〒381-2246 長野県長野市丹波島1-805
TEL.026-217-2184

[東京ブランチ]
〒107-0052 東京都港区赤坂8-4-14 8F
TEL.03-6670-5177

[松本ブランチ]
〒399-0036 長野県松本市村井町南4-12-26
TEL.0263-87-7486

この記事を書いた人Who is writen blog

Nakamura Hiroki / Creative Director

小売業出身!20代で2度起業し3回目の起業で現アプリコットデザインを設立。誰よりもお客様の立場になって考えます!

SEARCH

  • デザインで全ての人を幸せに
  • ブランド戦略型WEBサイト
  • タブロイド紙作ります
  • 開業・企業パック
  • ブランディング
  • 信州ファーム
  • アプリコットマグ

AREA

対応エリア

長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、小海町、川上村、南牧村、南相木村、北相木村、佐久穂町、軽井沢町、御代田町、立科町、青木村、長和町、下諏訪町、富士見町、原村、辰野町、箕輪町、飯島町、南箕輪村、中川村、宮田村、松川町、高森町、阿南町、阿智村、平谷村、根羽村、下條村、売木村、天龍村、泰阜村、喬木村、豊丘村、大鹿村、上松町、南木曽町、木祖村、王滝村、大桑村、木曽町、麻績村、生坂村、山形村、朝日村、筑北村、池田町、松川村、白馬村、小谷村、坂城町、小布施町、高山村、山ノ内町、木島平村、木島平村、信濃町、小川村、飯綱町、栄村など長野県内全域

北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄まで全国

TOPICSトピックス

2354 post

PICK UPピックアップ

  • デザインノートに掲載されました
  • デザインで人を幸せにする会社
  • ブランド戦略型ホームページ制作
  • 開業起業される方へ
  • アプリコットデザイン
  • コーポレートサイト
  • 信州ファームデザイン
  • 信州ファームマーケット
  • ポケット
  • アプリコットマグ
  • ブランシュール

CONTACTお問合せ

デザインで人々を幸せにしたい。
デザインにはその力があります。I want to make people happy by design.
Design has that power.

デザインが全てだとは決して思いません。
デザインの良し悪しだけで、ビジネスが左右されるとも思っていません。
だけど、デザインの力はとても大きいことも知っています。
私たちが考える良いデザインとは、お客様の伝えたい想いを
より的確に、効果的に表現する手段だと考えます。
伝えたい想いは、間違った伝え方をしてしまうと伝わりません。
また、人を惹きつけるデザインでないと見てもらうことすら困難です。
私たちは日々努力を重ね、今日もそれらデザインに磨きをかけています。
そして制作する過程において、デザインを作ることよりも、お客様の伝えたい想いを
汲み取る事の方が制作するよりも重要だと考えます。
それらの結果、見た目も効果も併せ持った、優れたデザインとなります。
優れたデザインはビジネスの成長を促し、収益をもたらします。
私たちは、デザインを通して、一人でも多くの人を幸せにしたいと考えます。
デザインには人を幸せにする力があると信じています。

アプリコットの想いアプリコットの想い