COLUMN/コラム

2016.08.22

2018年のリクルートサイトを作ろう!

こんにちわ。
ここ数日、「ホームページを見たのですが・・・」と採用に関してのお問合せを多く頂いており、
隣で中村さんがホクホクしているを横目で見ている竹内です。

私も入社して4か月。毎日楽しくお仕事させてもらっています。

さて、話は変わりまして。

先日2018年の新卒採用試験の時期について発表がありましたね。
おかげさまで、アプリコットデザインにも、リクルートサイト作成についてのお問合せを一部頂いております。

2018年の就活開始時期は、昨年と同様、3月情報解禁、6月選考開始というように決まったようです。
私が学生だった頃と比較すると随分変わったなぁという印象ですが、その分学業や学生生活を大切にできるのは良いですよね。

2017年卒の採用についての調査によると、8月現在で1人あたりエントリーする企業は前年より3.7社少ない中でも、現段階での内定率が昨年よりも増加しており、就活スタートの時から就職先として意識していた企業に内定しているケースが多いという結果が出たそうです。

景気の影響もあるかもしれませんが、短い期間で活動する分、しっかりと業界・企業研究をして、効率的に就活をしている学生さんがほとんど、ということが現れる結果ではないでしょうか。
その分、各企業さんも優秀な人材を確保するために広報に力が入ります!最近では、こういった学生さんたちの傾向を受けて、リクルート専用でサイトを制作する企業さんも多いですよね。

リクルートサイトを制作するメリットとしては、

 ・募集したい人材についての情報を的確に伝えることができる点
 ・より具体的に会社について伝えることができる点
 ・上記によって企業とのミスマッチも起こりにくくなる点

などが挙げられます。
企業研究をきちんと行い、就活したい学生さんに内容をいかに伝えられるかがポイントになります。

採用ページはいずれ作るけれど、来年の3月から情報解禁だからまだ大丈夫・・・
と思うかもしれませんが、意外とそうでもないのです。

以前もこのブログでありましたが、
内容をしっかりと作りこんだホームページを、いざ公開したとしてもすぐに人の目に触れられる訳ではありません。
Google検索にしっかりと上がってくるようにするためには、ある程度の時間をかけて対策をする必用があります。
せっかく作るのならば、沢山の学生さんに見てほしいですよね!

もし今まだ内容が決まっていないとしても、来年3月の情報解禁に合わせて告知をする予定があれば、
できるだけ早い段階でホームページだけでも制作しておき、準備を整えておくのがおすすめです◎

採用でお悩みの人事担当者さま、ぜひご相談くださいませ。

↓参考サンプルはこちらです。↓
https://apricot-design.com/2019/rec/

コラム一覧

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103

この記事を書いた人Who is writen blog

Takeuchi Atsumi / Director

お客様のよき伴走者であれるよう、一生懸命考えます◎ご相談から制作後のサポートまで。気軽にお声がけください。