COLUMN/コラム

2016.06.30

ホームページリニューアルのタイミング

今やホームページは重要な集客ツールです。

みなさまはホームページに賞味期限がある事をご存知ですか?

ホームページは腐るわけでもなく、一度作ってしまえばずっと使えるものです。

では、賞味期限とはどういう意味でしょう。

ホームページの賞味期限は「価値がなくなる」ことなんですね。

価値がなくなる=効果が薄れることです。

効果が薄れてきたら、当然効果が出るように作り直すと思います。

さらにホームページの賞味期限を判断する一つに、「飽き」があります。

人間の脳は3年で飽きるようになっています。
なので、運営する側も、見る側も3年たてば飽きてしまいます。

昔はホームページの賞味期限は3年くらいかなと言われていました。

しかし、昨今では新しい情報が溢れかえっており
ユーザーがそれらの情報を自分にとって有益なものかどうかを判断する力が鍛えられたおかげで
僕が思うに賞味期限は2年がマックスかなと思うのです。

「2年ごとに作り変えていたら、お金がかかって仕方ないですよ」

という声もちらほら聞きます。

しかしですね、たとえば50万円でリニューアルをしたとして
24ヶ月で割ると1ヶ月あたり25000円です。

フリーペーパーなどに広告を出せば1回3〜5万円はかかります。

集客を行う際に、どこにお金をかけるか、広告予算の配分は
時代に合わせて変えていかなければいけません。

WEBの重要度が上がってきている今、今一度見直しをして
今本当にどこにお金をかけるべきかを考えた時
2年ごとのホームページリニューアルは必外せないのかもしれません。




コラム一覧

営業マンゼロだから低コスト・高パフォーマンス!東京・長野(長野市、松本市)・金沢(石川県金沢市)でホームページ制作・WEB制作・ネットショップ制作を中心に、ブランディングに繋がるロゴ制作・チラシ・名刺・パンフレット・DM・ショップカード等の各種印刷物、看板・のぼりなどの販促物を制作しているデザイン事務所アプリコットデザイン。

[長野オフィス-本社-]
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-805

[東京ブランチ]
〒100-0004
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

[松本ブランチ]
〒390-0851
長野県松本市大字島内4619-3 QuintetDoor 1階南室

[金沢ベース]
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目10-1 103